日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > “蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法  > 蚊に刺されて高熱! 「蚊刺過敏症」にご用心  > 2ページ

“蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法

蚊に刺されて高熱! 「蚊刺過敏症」にご用心

ヘルペスウイルスの一種「EBウイルス」が関与か

 夏秋 優=兵庫医科大学皮膚科准教授

足首に症状が集中しているときはネコノミが原因かも

血を吸うネコノミ。(提供:兵庫医科大学皮膚科 夏秋 優先生)
[画像のクリックで拡大表示]

 虫に刺された現場を見ていないと、赤みやかゆみが蚊によるものなのか、それ以外の昆虫によるものなのか、判断するのは難しいもの。人間が薄着になり、虫たちが活発に動き回る夏場は、蚊以外の虫に刺されることも少なくありません。

 今の時期に蚊刺されと似た症状が出るのが、ネコノミによる刺症です。ネコノミは、ノラネコやイヌの体に寄生して吸血します。特にノラネコの移動とともに、庭や公園などに発生していて、そこを通りかかると足元を刺されます。足首やすねのあたりに症状が集中していて、水ぶくれもできるような場合は、ネコノミの可能性が高いでしょう。素足にサンダル履きで出かけるようなときは注意してください。

ネコノミに刺された足。(提供:兵庫医科大学皮膚科 夏秋 優先生)
[画像のクリックで拡大表示]

 「虫に刺されて…」と受診してくる患者さんに対して、皮膚科医は、皮膚のどの部位に、どんな炎症反応が起こっているかを見るほかに、その人の行動範囲などを聞き、原因となった虫を推察します。例えば、数日前に野山に出かけていたようなときはブユ(ブヨ)に刺された可能性もありますし、家にいて脇腹や下腹部、大腿部の内側などに症状があるときはイエダニの可能性も考えます。

     *     *     *

 人の血を吸う蚊はジカ熱やデング熱をはじめ、さまざまな病気を媒介します(参照記事「無防備なアナタは知らぬ間に蚊から病気をうつされる」)。かゆみといった不快な症状から逃れるためにも、虫よけや蚊取りを上手に使って、蚊に刺されない生活を目指しましょう。

(談話まとめ:田村知子=フリーランスエディター)
夏秋 優(なつあき まさる)先生
兵庫医科大学皮膚科准教授
夏秋 優(なつあき まさる)先生 1984年兵庫医科大学卒業。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校皮膚科研究員、兵庫医科大学皮膚科、大阪府済生会吹田病院皮膚科医長などを経て、2000年より現職(当時は助教授)。専門は虫による皮膚病、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、漢方治療。著書に『Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎』(学研メディカル秀潤社)がある。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.