日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > “蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法  > 「年寄りは蚊に刺されてもかゆくない」は本当だった
印刷

“蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法

「年寄りは蚊に刺されてもかゆくない」は本当だった

蚊に刺された後の反応は「すぐ」と「遅れて」の2種類ある!

 夏秋 優=兵庫医科大学皮膚科准教授

蚊を不快に思う最大の要因は、刺された後の「かゆみ」や「腫れ」です。これらは私たちの体に備わっているアレルギー反応によるもの。これから3回にわたって、虫刺されの病態に詳しい、兵庫医科大学皮膚科准教授の夏秋(なつあき)優先生に話を聞きます。今回は、蚊に刺された後のかゆみや腫れのメカニズムについて解説してもらいます。

蚊に刺されたとき、すぐかゆくなる? 次の日かゆくなる?

 「蚊に血を吸われることより、あとからかゆくなるのが嫌なんだよね…」。そんなことを思っている人は少なくないでしょう。蚊に刺された箇所がかゆくなったり、ぷくっと膨らんで赤くなったり(膨疹、紅斑※1)するのは、蚊の唾液腺物質(※2)に対するアレルギー反応です。

※1 膨疹(ぼうしん)とは、皮膚の盛り上がりのこと。紅斑(こうはん)とは、皮膚の赤みのこと。
※2 蚊は血を吸っている間、吸っている血液が固まらないようにするため、針状の口吻(こうふん)から唾液腺物質を注入します。

蚊刺されによるアレルギー反応には時間差がある

 蚊に刺されたときのかゆみや赤みは、2つのタイプに分けられます。一つは刺された直後にかゆみや赤み、腫れが出て、1~2時間するとおさまるもの、もう一つは刺された翌日以降にかゆみや赤みなどが現れるものです。前者を「即時型」、後者を「遅延型」と呼びます。

【蚊に刺されたときのかゆみ・赤み・腫れ(アレルギー)の種類】

  • 即時型……刺された直後に反応が出るが、1~2時間後にはおさまる(写真左)
  • 遅延型……刺された翌日以降に反応が出る(写真右)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
(提供:兵庫医科大学皮膚科 夏秋 優先生)

ぶり返すかゆみは別のアレルギー反応

 よく、蚊に刺されてしばらく経ってからのかゆみを「ぶり返すかゆみ」などといいますが、実は、即時型と遅延型を起こすメカニズムは全く別のもの、同じアレルギー反応を繰り返しているわけではないのです。全く違う反応が皮膚の下で起こっています。

 即時型(刺された直後に出るアレルギー反応)は、体内に侵入した異物(この場合、唾液腺物質)に対して、体がそれに対抗する抗体(IgE)を作り出して反応するものです。見張り番のように、異物をいち早く排除するために働きます。蕁麻疹やアレルギー性鼻炎などもこの即時型と同じメカニズムです。

 一方、遅延型(刺された翌日以降に出るアレルギー反応)は、T細胞と呼ばれる免疫細胞が関与しているもので、異物を取り込んだマクロファージからの刺激によって、T細胞性の免疫機能が活性化されます。接触皮膚炎や金属アレルギーなどが同じメカニズムによって発症します。

 これらのアレルギー反応は、蚊に刺された経験によるもの(後天性免疫)。例えば、生まれて初めて蚊に刺された赤ちゃんには、かゆみや腫れは現れません。医学的に言うと、唾液腺物質に対する感作(アレルギー反応を起こす原因物質に対して抗体などが作られるようになること)が成立することで、かゆみや腫れなどの炎症反応が現れるようになるのです 。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.