日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > “蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法  > 相乗効果! プロは長時間作用型と1プッシュで“蚊が居づらい環境”を作る
印刷

“蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法

相乗効果! プロは長時間作用型と1プッシュで“蚊が居づらい環境”を作る

週に1回、家の周りのたまり水をなくし蚊の発生を防ぐ

 足立雅也=日本防疫殺虫剤協会技術委員

肌の露出が増える夏は、蚊も血を吸おうと活発になる季節。蚊に刺されないためには、人の体に直接使い、血を吸わせないようにする「虫よけ(忌避剤)」と、空間に使用して蚊を退治する「蚊取り(殺虫剤)」の2つをうまく使うことが重要です。今回は、蚊取り線香から端を発し、新しい商品が続々登場している蚊取りについて、日本防疫殺虫剤協会技術委員を務める足立雅也さんに話を聞きます。

線香、液体、マット、1プッシュ…どの蚊取りを選べばいい?

蚊が居づらい空間を作るには、どのような蚊取り剤(殺虫剤)を選べばよいのでしょう。(©PaylessImages-123rf)

 蚊に刺されるのを予防するものとして、人体に直接使用する「虫よけ(忌避剤)」と、空間に使用して蚊を退治する「蚊取り剤(殺虫剤)」の2つに分けることができます。前回は、虫除けの選び方としっかり塗布する方法を解説しました(参考記事「プロは虫よけを塗り直して蚊をブロック!」)。さて、今回は「蚊取り」の上手な使い方についてお話しましょう。

 一般的な殺虫剤(防除用医薬部外品)には、除虫菊(シロバナムシヨケギク:キク科の多年草)のピレトリンという有効成分をもとに開発されたピレスロイド系の殺虫成分を含む製品が多く市販されています。

 ピレスロイド系(アレスリン、トランスフルトリン、メトフルトリンなど)の主な殺虫剤には、部屋全体やその場にいる蚊に直接噴霧するエアゾールタイプのほか、殺虫成分を点火による熱で揮散させる蚊取り線香、電気による熱で揮散させる蚊取りマット液体(リキッド)蚊取り、送風により揮散させるファン式蚊取りワンプッシュ(定量噴射)式蚊取りがあります。

 使用方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。有効成分の拡散方法や使用可能な時間、効果の持続時間などから、生活パターンに合わせて選ぶのがコツです。以下に各タイプの主な特徴を簡単にまとめますので、使う場所や環境、注意点を考慮して選ぶといいでしょう。

 主に屋内で使用するものを紹介していますが、蚊取り線香は庭先などで、携帯用のファン式蚊取りは屋外でも使用できます。液体(リキッド)蚊取りやファン式蚊取りは長期間使用できるものが多く、液剤などの交換回数が少ないのが特長です。ワンプッシュタイプは拡散が速く、即効性があります。

表1◎ ピレスロイド系殺虫剤の特徴
使用方法/特徴使用場面注意点
エアゾールタイプ・殺虫成分を含む溶液を噴射ガスの圧力で微粒子として放出させる
・即効性がある
屋内・噴霧後は換気する
・火気のそばでは使用・保管しない
・廃棄前にはガスを抜く
蚊取り線香・殺虫成分を植物性粉末に練りんでうず巻き状にし、点火による燃焼熱で揮散させる
・煙による拡散力が高い
・一巻きで7~12時間程度使用できる
開放系の屋内や縁側、庭先などの屋外・火を使うため、専用の容器に入れるなどして、火災や火傷に十分注意する。燃えやすいものの近くでは使用しない
・煙が出るので、目・鼻・のどなどに刺激を感じることがある
・屋内で使用するときは、定期的に換気する
蚊取りマット・殺虫成分を含んだ繊維質マットを、電熱器のヒーターに装着し、揮散させる
・煙が出ないので、機密性の高い部屋での使用に適している
・1枚で12時間程度使用できる
屋内・電熱による火傷に十分注意する
・定期的に換気する
・各製品の有効時間を守ってマットを交換し、マットの色が白くなるまで使わない

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.