日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > “蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法  > 「O型は刺されやすい」ってホント?  > 2ページ目
印刷

“蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法

「O型は刺されやすい」ってホント?

蚊がアナタに狙いを定めるポイントは「体温」「二酸化炭素」「色」…

 津田良夫=国立感染症研究所・昆虫医科学部 主任研究官

血を吸う蚊は好みの血液型がある??

 私の経験からも、同じ場所に同じように座っていても、「蚊にたくさん刺される人」と「ほとんど刺されない人」が確かにいます。その違いについて、よく話題になりませんか。

 「O型の人は刺されやすい?」といったことを聞かれることもありますが、それが正しいとも、間違っているとも一概にはいえません。どういう状況で、どのように調べたかによって、結果が異なってくるためです。

 例えば、血液型による違いがあったとしても、年齢や性別といった違った要素も入ってくると、どの要素を蚊が重視しているか分かりません。血液型によって蚊を誘引する力が違うという論文が発表されたこともありますが、その後、分析方法に誤りがあったと訂正する論文も出されています。

よく刺されるのは、「肌が若い証拠」かも

大人より新陳代謝が活発な子どもは、蚊が近寄ってくるサインが皮膚から放出されているようです。(©ankomando-123rf)

 一ついえるのは、大人よりも子どもの方が刺されやすいということです。公園でお母さんたちが立ち話をしている間に、子どもが蚊にさされてしまったという話はよく聞きます。子どもは新陳代謝が活発で、汗をかき、体温が高いなど、蚊が感知しやすいサインが皮膚から多く出ていると考えられます。

 血管が皮膚の表面に近い部位も、蚊が血を吸いやすいため、刺されやすいといえます。

 余談ですが、私はこれまでの調査経験から、男性よりも女性の方が刺されやすいと考えています。一方、逆だという人もいて、性別による違いも一概にはいえません。ただ、女性でよく蚊に刺される人には、半分冗談で「肌が若い証拠」だと話します(笑)。

黒い服に寄ってくるのはヒトスジシマカ

 「黒っぽい服を着ていると刺されやすい」というのもよく聞きますが、これはヒトスジシマカにいえることです。昼間に活動するヒトスジシマカは、視覚のセンサーを使っていて、黒っぽい色に近づいていきます。

【日本にいる人を刺す蚊-1-】昼間に待ち伏せて刺すヒトスジシマカ
(資料提供:国立感染症研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヒトスジシマカは、北海道を除く、本州、四国、九州、沖縄の都市から農村まで広く分布しています。人間以外にも、ネコやイヌなどのペット、ネズミ、野鳥、カメなどいろいろな動物の血を吸います。成虫は5月の大型連休の頃から姿を現し、最も多くなるのは8月です。その後11月頃まで飛来し、卵で冬を越します。

 早朝から夕方にかけて活発に活動する「昼行性」で、庭先や公園などの植物の茂みや葉の裏に潜み、人や動物が通りかかると刺しにきます。いわば「待ち伏せ型」です。ある程度の時間が経っても人や動物が現れないときは、別の場所へ移動します。その間に偶然通りかかってしまうと、刺されることになります。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.