日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > “蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法  > 「O型は刺されやすい」ってホント?
印刷

“蚊に刺されやすい人”必見! 専門家がすすめる蚊刺され対処法

「O型は刺されやすい」ってホント?

蚊がアナタに狙いを定めるポイントは「体温」「二酸化炭素」「色」…

 津田良夫=国立感染症研究所・昆虫医科学部 主任研究官

夏といえば「蚊」。うっかり刺された後のかゆみは本当に不快です。寝苦しい夜に、耳元でうるさく鳴り響く羽音に起こされた人も少なくないでしょう。よく血液型によって蚊の刺されやすさが違うなどと話題になりますが、蚊は人を選んで吸血しているのでしょうか? 蚊の生態に詳しい国立感染症研究所・昆虫医科学部主任研究官の津田良夫先生は、「蚊はさまざまなセンサーを使って、血を吸うか判断しています」と話します。

血を吸うのは卵を作るメスだけ、満腹になれば刺さなくなる

(©tribalium123-123rf)

 蚊が動物を刺すのは、血を吸うため。なぜ血を吸うのかといえば、たんぱく質などの養分から卵を作るためです。したがって、血を吸うのはメスだけで、オスは花の蜜や果実の汁などの糖分を摂取してエネルギー源としています。

 ちなみに蚊は1回の吸血で、体重が2~3倍になります。蚊1匹の体重は2~2.5mgですから、満腹の蚊の重さは4~7.5mg。吸った血が重たすぎて飛べなくなった、フラフラの蚊を見たことはありませんか。うまく血管を刺してスムーズに吸血できると20~30秒程度、刺す場所や血液の出が悪いと数分間とまっていることもあります。

 血を十分に吸ってお腹が一杯になると、消化して卵を作るまでの3日ほどは、動物に見向きもしなくなります。その後、4~5日で卵を産んだ途端に、また血を吸うようになります

 病気にかかった人からメスの蚊が血を吸い、吸った血に含まれる病原体が蚊の唾液に混ざって別の人に病気をうつす可能性があります。蚊が伝播する病気については、「無防備なアナタは知らぬ間に蚊から病気をうつされる」を参考にしてください。

蚊はさまざまなセンサーを使って「吸血するか」を判断する

 蚊に刺されやすいのはどんな人か―。よく話題になることですが、蚊の吸血行動には複雑な仕組みがあり、一概に「こんな人が刺されやすい」というのは難しいもの。蚊にとって血が吸えるかどうかは死活問題で、とても重要なことです。そのため、吸血源を感知するいわゆるセンサーが1つだけでは、とても対応できません。

 もし、視覚だけに頼っていると暗闇では分からなくなりますし、聴覚だけを頼りにしていると騒がしい場所では分からなくなります。ですから、いろいろな状況に対応するため、さまざまなセンサーを使っているのです。

蚊が人に近づき、血を吸うまでに3段階ある

 蚊が吸血源の人を感知し、血を吸うまでのステップは大きく3つに分けられます。まずは、遠い距離から人の存在に気づく段階。その次は、人に近づいた段階。そして、人の皮膚の上に乗る段階です。このステップに合わせて、複数のセンサーを使い分けていると考えられます。

 例えば、長距離では二酸化炭素を感知するセンサーや、気圧のセンサー、視覚、聴覚などを使って、あのあたりに吸血源動物がいそうだなと感知します。

 吸血源に近づいたときには、体から発散される熱やにおいのセンサーなどが使われ、皮膚に乗ったときには、汗に含まれる水分や化学物質、体温や湿度などのセンサーが使われます。蚊はこうしたさまざまなセンサーを使って、吸血すべきかどうかを判断しているようです。

【蚊はさまざまなセンサーを駆使して吸血するかを判断している】

二酸化炭素・視覚・嗅覚・湿度・温度 など

 どの要素が重要かは、蚊の種類によって異なりますが、多くの蚊が使っているのが、二酸化炭素ガスのセンサーです。感度は蚊の種類によって違うようで、人をよく刺すヒトスジシマカは、人の周囲3~6メートル程度でも感知できるといわれています。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.