日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは
印刷

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは

第5回 茶畑から生まれた機能性表示食品「べにふうき緑茶」――農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 山本(前田)万里さんに聞く

 柳本操=ライター

 薫り高く、心を落ち着かせてくれる“お茶”(緑茶)。近年、緑茶に秘められた健康パワーが次々と明らかになっている。日本人だからこそあらためて見直したい「緑茶の健康効果」を知るべく、専門家の方々に話を聞いた。
 今回は、抗アレルギー作用を持つ注目の品種「べにふうき」の研究に長年携わってきた、農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門(旧食品総合研究所)で食品健康機能研究領域・領域長を務める山本(前田)万里さんに、べにふうきの効果とこれまでの研究について話を伺った。

花粉などによるアレルギー症状への効果が期待できるお茶とは

お茶には数十種類もの品種がある。その一つ「べにふうき」には抗アレルギー作用があり、日々飲んでいるとハウスダストや花粉などによるアレルギー症状を抑える効果が期待できるという(©Cseh Ioan -123rf)※写真はイメージ

 日本人なら、多くの人が「やぶきた」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思う。日本を代表するお茶の品種の一つで、日本のお茶の7割以上はやぶきただ。静岡県では実にお茶の生産品種の9割以上がやぶきたになっている。お茶の品種は他にも、「ゆたかみどり」「さえみどり」「おくみどり」…など数十種類以上あるが、いずれも栽培比率は数パーセント未満となっている。

 このように、やぶきたが圧倒的なシェアを占めるなか、香味や機能性などに優れた品種の開発も進んでいる。そんな中で、今注目されている品種が「べにふうき」だ。べにふうきには抗アレルギー作用があり、べにふうき緑茶を日々飲んでいると、ハウスダストや花粉などによるアレルギー症状を抑える効果が期待できるという。

 多くの方は、「お茶にアレルギー症状を抑える効果が期待できる」ということをご存じないのではないだろうか。詳しくは後述するが、通常のやぶきた茶には抗アレルギー作用はほとんどない。一部の品種で強い効果があり、特にべにふうきが優れた効果を示す。べにふうき緑茶を使った商品も多数登場しており、昨年4月から始まった「機能性表示食品」制度で受理されたものがある。例えば、その商品の一つであるアサヒ飲料の「アサヒめめはな茶」には、「ほこりやハウスダストによる目や鼻の不快感を緩和します」という機能性表示が明記されている。

山本(前田)万里さん。農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域・領域長。抗アレルギー作用を持つ注目の品種「べにふうき」の研究に長年携わる
[画像のクリックで拡大表示]

 このべにふうき、2003年には作付面積が1ha弱にすぎなかったが、2010年には150haにまで拡大している。現在は、べにふうきを使ったペットボトルや粉末茶はもちろん、入浴剤やハンドクリームなども販売されるようになっている(べにふうきを使った商品例はこちら)。

 そこで今回は、長年「べにふうき緑茶」の研究に携わってきた農研機構の山本万里さんに、べにふうき緑茶の抗アレルギー効果と、約20年にわたる研究開発の経緯を聞いた。

1/7 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.