日経グッデイ

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは

第5回 茶畑から生まれた機能性表示食品「べにふうき緑茶」――農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 山本(前田)万里さんに聞く

 柳本操=ライター

 薫り高く、心を落ち着かせてくれる“お茶”(緑茶)。近年、緑茶に秘められた健康パワーが次々と明らかになっている。日本人だからこそあらためて見直したい「緑茶の健康効果」を知るべく、専門家の方々に話を聞いた。
 今回は、抗アレルギー作用を持つ注目の品種「べにふうき」の研究に長年携わってきた、農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門(旧食品総合研究所)で食品健康機能研究領域・領域長を務める山本(前田)万里さんに、べにふうきの効果とこれまでの研究について話を伺った。

花粉などによるアレルギー症状への効果が期待できるお茶とは

お茶には数十種類もの品種がある。その一つ「べにふうき」には抗アレルギー作用があり、日々飲んでいるとハウスダストや花粉などによるアレルギー症状を抑える効果が期待できるという(©Cseh Ioan -123rf)※写真はイメージ

 日本人なら、多くの人が「やぶきた」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思う。日本を代表するお茶の品種の一つで、日本のお茶の7割以上はやぶきただ。静岡県では実にお茶の生産品種の9割以上がやぶきたになっている。お茶の品種は他にも、「ゆたかみどり」「さえみどり」「おくみどり」…など数十種類以上あるが、いずれも栽培比率は数パーセント未満となっている。

 このように、やぶきたが圧倒的なシェアを占めるなか、香味や機能性などに優れた品種の開発も進んでいる。そんな中で、今注目されている品種が「べにふうき」だ。べにふうきには抗アレルギー作用があり、べにふうき緑茶を日々飲んでいると、ハウスダストや花粉などによるアレルギー症状を抑える効果が期待できるという。

 多くの方は、「お茶にアレルギー症状を抑える効果が期待できる」ということをご存じないのではないだろうか。詳しくは後述するが、通常のやぶきた茶には抗アレルギー作用はほとんどない。一部の品種で強い効果があり、特にべにふうきが優れた効果を示す。べにふうき緑茶を使った商品も多数登場しており、昨年4月から始まった「機能性表示食品」制度で受理されたものがある。例えば、その商品の一つであるアサヒ飲料の「アサヒめめはな茶」には、「ほこりやハウスダストによる目や鼻の不快感を緩和します」という機能性表示が明記されている。

山本(前田)万里さん。農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域・領域長。抗アレルギー作用を持つ注目の品種「べにふうき」の研究に長年携わる
[画像のクリックで拡大表示]

 このべにふうき、2003年には作付面積が1ha弱にすぎなかったが、2010年には150haにまで拡大している。現在は、べにふうきを使ったペットボトルや粉末茶はもちろん、入浴剤やハンドクリームなども販売されるようになっている(べにふうきを使った商品例はこちら)。

 そこで今回は、長年「べにふうき緑茶」の研究に携わってきた農研機構の山本万里さんに、べにふうき緑茶の抗アレルギー効果と、約20年にわたる研究開発の経緯を聞いた。

機能性表示を果たした「べにふうき緑茶」

お茶のトクホや機能性表示食品が、スーパーやコンビニにずらりと並んでいます。一般に、「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収を穏やかにする」など抗メタボ系のものがおなじみです。そんな中、「抗アレルギー」という分野で唯一機能性表示を認められたのが「べにふうき緑茶」ですね。

アサヒ飲料の「アサヒめめはな茶」(写真左のペットボトル)、JAかごしま茶業の「べにふうき緑茶」(ティーバッグ)
[画像のクリックで拡大表示]

山本さん 私たちが研究、開発してきた「べにふうき緑茶」は、「ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減する」という表示がわが国で初めて受理された緑茶です。現在、アサヒ飲料の「アサヒめめはな茶」(ペットボトル)、JAかごしま茶業の「べにふうき緑茶」(ティーバッグ)の2製品が機能性表示食品として、昨年9月より販売されています。

 研究そのものは、実は20年前の1996年に本格スタートし、当時からヒト介入試験を積み重ねてきました。2006年からペットボトル飲料の販売も開始しましたが、“食品”であるため「アレルギー症状を軽減する」などといった効果効能の表示はできませんでした。このため、なかなか消費者に認知が広がりませんでした。以前から「もっと多くの人に飲んでほしい」と思っていましたので、今回の機能性表示食品制度での届出・受理は「悲願達成」という喜びが大きかったですね。

べにふうき茶には抗アレルギー効果が期待できるということですが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

べにふうき緑茶の臨床試験の結果(通年性鼻炎)
ダニを主体とする通年性アレルギー性鼻炎症状を持つ男女75名を2群に分け、一方はべにふうき緑茶(1日あたりメチル化カテキン34mgを含む)、やぶきた緑茶(メチル化カテキンを含まない)を12週間飲用してもらった。べにふうき緑茶群では、鼻症状、眼症状の症状スコアが低い値で推移し、飲用開始から7~12週間の鼻症状、4~12週間の眼症状において有意に低い値を示した。(日本食品素材研究会誌.2005;8(2):65.)

山本さん 室内のダニやホコリなどのハウスダストに対して、くしゃみや鼻水、眼のかゆみといったアレルギー反応が起こる人がいます。これらのアレルギー症状に効果を発揮します。ダニを主なアレルゲンとする通年性アレルギー性鼻炎症状を持つ男女を対象に、12週にわたってべにふうき茶を飲用してもらったところ、鼻症状、眼の症状が有意に改善されました(グラフ)。

 このグラフでは、やぶきたとべにふうきの2本の折れ線グラフを比較して見てください。通常、時間の経過とともにアレルゲンであるダニにさらされることによってどんどん症状が悪化していくのですが、べにふうきを摂取した場合、飲用開始から症状が抑えられているのがわかります。

 また、ハウスダストだけではなくスギ花粉症状をもつ被験者にも、べにふうき緑茶と、一般的な緑茶であるやぶきた緑茶を毎日飲んでもらって比較したところ、べにふうき緑茶を飲んだグループは、鼻かみ回数、眼のかゆみ、咽頭痛で症状スコアの改善が有意に認められました(Cytotechnology,2007;55(2-3):135-142.)。つまり、ハウスダストのような通年性のアレルギーでも、スギ花粉のような季節性のアレルギーでも、べにふうき緑茶を飲むことで症状改善効果が期待できるわけです。

「メチル化カテキン」がヒスタミン放出を抑制

眼がかゆくてたまらなかったり、鼻がむずむずしたり、くしゃみが止まらなくなるアレルギー症状は本当に不快です。べにふうきはなぜアレルギー症状を抑えられるのでしょうか。そのメカニズムを教えていただけますか?

メチル化カテキンの構造
エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレートなら「-R」の部分が「-OH」に、エピカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレートなら「-H」になる

山本さん アレルギー症状を抑える有効成分は、べにふうきに多く含まれる「メチル化カテキン」という物質です。これはカテキンの一種で、お茶の茶葉に含まれるエピガロカテキンガレートやエピカテキンガレートといったカテキンの一部にメトキシ基(-OCH3という化学式:右の図の赤線部分)がついたものです。

 このメチル化カテキンは、わが国で広く飲まれているやぶきたにはまったく含まれませんが、べにふうきには非常に多く含まれます(下のグラフ)。グラフの中で上位ランキング3つにあるのが、べにふうき、べにふじ、べにほまれ。べにほまれは、べにふうきのお母さんで、べにふじはお姉さんにあたります。べにふうきは、交配によって生まれた、最もメチル化カテキンの含有量が多い品種です。

メチル化カテキン含有量の品種間差
メチル化カテキンは「べにふうき」に多く含まれる。「やぶきた」にはまったく含まれていない(日本食品科学工学会誌.2001;48(1):64.) ※%dwは乾燥重量比パーセント

メチル化カテキンが粘膜の細胞膜内に直接入り込む

なぜ、メチル化カテキンがアレルギー症状を抑えるのでしょうか?

べにふうき緑茶はラテにして飲んでもいい(©Rarintorn Wata -123rf)※写真はイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

山本さん メチル化カテキンには、上の図にあるようにメチル基(-CH3)がついています。これにより細胞膜との親和性が高くなるのです。

 このため、メチル化カテキンは細胞質内に入りやすい性質を持ちます。通常、花粉症などのアレルギー症状の引き金を引くのは、皮膚や粘膜など全身の組織に分布する「マスト細胞」です。アレルゲン(アレルギー原因物質)に反応したマスト細胞は、ヒスタミンなどの生理活性物質を放出して、周囲に炎症を引き起こし、かゆみや不快感をもたらしますが、メチル化カテキンはマスト細胞内にぴゅっと入り込んで、「敵がやってきたぞ」という間違った情報を伝える情報伝達系や、マスト細胞を刺激しようとする受容体の発現を抑えます。また、マスト細胞上にあるカテキン受容体に結合して反応を抑えることもわかっています。こういった作用によってマスト細胞の活性化を抑え、ヒスタミンの放出を抑制するのです。

 長期で飲用しておくと、アレルゲンをくっつける受容体が少なくなるので、たとえば春先に花粉が飛散してきても、「ああ、こっちには関係ないよ」と反応しなくなるのです。だいたい、70~80%のアレルギー反応を抑えることがわかっています。ただ、残りの20%程度は抑えきれないため、少しは症状が出てしまいます。また、まれにメチル化カテキンを小腸から吸収できないタイプの人もいて、このタイプの人には効果がありません。吸収されて局所に到達しないかぎりは、効果が望めません。

それでも、アレルギー症状がつらい人にとっては、症状の7~8割が抑えられれば快適ですよね。

山本さん そう思います。もう一つ特筆すべきは、メチル化カテキンは、血液中に入っても安定性が高く、効果が長く維持されるということです。口から入れたときの体に取り込まれる量も、一般的な茶カテキンEGCG(エピガロカテキンガレート)の約5倍であるということを明らかにしました(Cytotechnology.2007;55(2-3):135-142.)。また、べにふうきはもともとポリフェノール量が多い品種で、カフェインの含有量も多いのです。アレルギーを抑える薬の副作用である眠気とも無縁で、むしろ症状も気分もすっきりする、というのも大きなメリットといえます。

通常のお茶、つまりやぶきた茶では効果はないのですか?

山本さん やぶきた茶にはメチル化カテキンは含まれていませんが、やぶきた茶にも含まれる一般的な茶カテキン、EGCG(エピガロカテキンガレート)にも抗アレルギー効果が報告されています。それなら、普通のお茶を飲んでいてもアレルギーを抑える効果がでそうですが、実際には「お茶をたくさん飲んでいる静岡県でアレルギー患者が減っている」といった検証がなされているわけではありません。

 おそらく、細胞を用いた実験では一定の抗アレルギー作用は現れるものの、普通にお茶として飲むレベルの量ではアレルギーを抑制するほどの力を発揮できないのではないかと考えられます。

 一方、メチル化カテキンは、アレルギー抑制力が非常に強いので、効果が顕著に表れます。1日34mg摂取で効果が認められていますので、17mg含有するペットボトルのお茶(「アサヒめめはな茶(350ml)」)の場合、1日2本分(700ml)を飲む、という条件をクリアすれば効果が得られると考えています。

苦みの強い紅茶用品種、最初は反対された

メチル化カテキンを豊富に含む「べにふうき」という品種は、もともと日本で育てられていたのですか?

山本さん べにふうきは、インドで紅茶用に栽培されているアッサム種に近い品種です。香りがとてもよく、半発酵する烏龍茶にすると花のようないい香りがするために、もともとは半発酵茶・紅茶用品種として登録されていました。カテキンを多く含む紅茶用の品種なので、日本茶のように発酵させずに入れたお茶はとても苦くなります

 私がべにふうきに関わるようになったのは、いろいろな経緯があります。私はかつて広島県の中国農業試験場で、エビの殻などに存在するキトサンや大豆外皮食物繊維の免疫増強作用を研究していました。ところが、国内留学先の九州大学から帰ったあとに、「次は静岡でお茶の機能性の研究をしなさい」という辞令を受けたのです。静岡に移ったのが1992年です。

 実はこのころ、私の弟がひどいアトピーにかかっていて、入退院を繰り返していました。弟は、製粉会社の研究員なのに小麦粉にもアレルギーがありました。宇宙服のように完全防備の服を着なければならず、とても大変な状況でした。

 そこで、お茶でアレルギーを抑制できないかをテーマにしてみようと考えたわけです。アメリカのラホヤアレルギー免疫研究所でマスト細胞の実験手法を学んできて、試験管内で簡単にアレルギー抑制効果をスクリーニングする方法を2年がかりで作りました。それからはひたすら「茶葉を摘んできてはお湯で煮出して、試験管で確認する」という作業を繰り返しました。さまざまな品種を試したところ、べにほまれにアレルギー抑制効果が確認できたのです。そこでメチル化カテキンに行きついたわけです。

 その後、2000年には、メチル化カテキンを最も多く含むのが、べにふうきであることが判明しました。それを受けて、鹿児島県の茶農家さんにお願いして契約栽培がスタートしたのが2002年です。現在はべにふうきの栽培面積は約150haとなっています。

 実は、研究を始めた当初は、「紅茶用の葉っぱを日本茶として飲むなんて、そんな苦いお茶、誰が飲むんだ! おいしいものを作らなくてどうするんだ」と批判されたこともありました。私はもともとお茶の専門家ではありません。だからこそ、通常のルールではありえない、本来は発酵させる紅茶用の葉を日本茶として飲む、という発想が可能だったのかもしれません。

 べにふうき茶は、ヒト介入試験で期待以上の効果が得られました。そして、本格的にべにふうきの研究に着手してから15年かかって、「機能性表示食品」の認定を得るまでになったのです。前述した弟にも、べにふうき茶をせっせと飲ませ、ありがたいことに現在はとても症状が落ち着いています。

熱湯で15分煮出すのがコツ。飛散前から飲むと効果的

べにふうきの茶葉も市販されていますね。茶葉を買った場合、普通に緑茶として飲めば効果が得られるのですか?

山本さん 注意していただきたい点は、熱湯でないとメチル化カテキンは抽出できないということです。私が実験した結果では、90℃以上、9~15分という抽出条件によってメチル化カテキンを十分な量、抽出できることが確認できています。

 市販のティーバックの場合、熱湯を注いでから2分間、上下によく振ると効率よく抽出できます。自宅では茶葉をお茶パックに詰めて、やかんで30分かけてぐつぐつ煮出して、1日中こまめに飲んでいます。私もかつては花粉症で、眼の症状がつらかったのですが、今では「来たな」と感じるとすぐにべにふうき茶を飲みます。30分ほどすれば症状が止まるので、助かっています。

「毎年、花粉症の時期が憂鬱」という人に、効果的な飲み方があったら教えていただけますか。

山本さん 花粉が飛散する1カ月半前から飲んだ人と、花粉が飛び始めてから飲んだ人の比較も行いました。その結果、早めに飲むことによって症状はより効果的に抑えられました

べにふうき緑茶の長期飲用と短期飲用の比較をするため、スギ花粉症の症状がある36人を2群に分け、べにふうき緑茶を飲料してもらった。短期飲用群に比べて、花粉飛散前から長期で飲んだ人のほうが、花粉飛散にともなう症状の悪化が有意に抑制された(Allergology International.2009;58(3):437.)

 例年、スギ花粉が辛いという人は、クリスマス前後を目安に飲み始めるといいでしょう。ただ、べにふうき緑茶の難点は、苦みが強いために子どもには飲ませにくいことです。

 そんなときは、牛乳と混ぜると苦みが和らぎます。メチル化カテキンは、通常のカテキンとは異なる形であるため、牛乳といっしょに飲んでも体内への吸収率は下がりません。お茶として抽出してから牛乳と混ぜて“ラテ”にして飲むと、子どもでも飲みやすくなります。

経皮からもアレルギーを抑制

山本さん メチル化カテキンは口から飲むだけでなく、経皮吸収によってもアレルギーを抑制できます。鼻が詰まってつらいときは、家にいるときであれば、コットンにべにふうき緑茶をひたして鼻に詰めたり、主婦湿疹やアトピーの場合は、お風呂にべにふうき緑茶を入れるといいでしょう。べにふうき茶エキスを配合した入浴剤も販売されていて、「ざらざらした皮膚がすべすべになった」と好評です。このように皮膚や粘膜を通過しやすいのもメチル化カテキンの特徴です。

べにふうきに関して、今後はどのように研究を進める予定ですか?

山本さん べにふうき緑茶を含め緑茶は今、海外、特にヨーロッパで注目を集めています。かつて赤ワインに含まれるレスベラトロール(ポリフェノールの一種)による“フレンチパラドックス”が話題になりましたが、「その次に注目すべきはお茶!」という流れになるのではと期待しています。実際、ドイツにも緑茶専門店が多いのですが、「べにふうきがアレルギーにいいらしい」と人気を呼んでいるそうです。日本発の農産物として今後も積極的にアピールしていきたいと思います。

 べにふうき緑茶のその他の効能として、「脂質代謝を改善する」「血圧上昇を抑制する」といった研究成果も出ています。ただ、一つのお茶にいろいろな機能性を持たせるのは、消費者にとっては「何にでも効くなんて怪しい」と受け止められかねない、という側面があります。今後は、目的の症状に特化した茶品種を増やしていき、みなさんの健康に役立てていただければと考えています。

       ◇       ◇       ◇

 5回にわたってお届けしてきた緑茶連載も今回でひとまず終了します。身近な存在でリーズナブルに飲める緑茶は、カラダのさまざまな場所で働き、健康アップに役立ちます。オフィスなどではペットボトル、そして家庭ではぜひ急須でお茶を入れて、毎日の元気にお役立てください。

山本(前田)万里さん
農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域・領域長
山本(前田)万里さん 1986年、千葉大学園芸学研究科修士課程修了。同年、農林水産省入省、中国農業試験場研究員。1996年に野菜茶業研究所主任研究官。2002年、茶機能解析研究室長。2012年、食品総合研究所食品機能研究領域長。2016年、農研機構食品研究部門食品健康機能研究領域長。茶の機能性研究(抗アレルギー作用、脂質代謝改善作用)とそれを利用した製品開発に取り組む。べにふうきの機能性解明に長く携わり、2013年に産学官連携功労者表彰農林水産大臣賞、2016年に日本農芸化学会農芸化学技術賞を受賞。筑波大学教授(協働大学院(グローバル研究院)。