日経Gooday TOP  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは  > 6ページ目

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは

第5回 茶畑から生まれた機能性表示食品「べにふうき緑茶」――農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 山本(前田)万里さんに聞く

 柳本操=ライター

熱湯で15分煮出すのがコツ。飛散前から飲むと効果的

べにふうきの茶葉も市販されていますね。茶葉を買った場合、普通に緑茶として飲めば効果が得られるのですか?

山本さん 注意していただきたい点は、熱湯でないとメチル化カテキンは抽出できないということです。私が実験した結果では、90℃以上、9~15分という抽出条件によってメチル化カテキンを十分な量、抽出できることが確認できています。

 市販のティーバックの場合、熱湯を注いでから2分間、上下によく振ると効率よく抽出できます。自宅では茶葉をお茶パックに詰めて、やかんで30分かけてぐつぐつ煮出して、1日中こまめに飲んでいます。私もかつては花粉症で、眼の症状がつらかったのですが、今では「来たな」と感じるとすぐにべにふうき茶を飲みます。30分ほどすれば症状が止まるので、助かっています。

「毎年、花粉症の時期が憂鬱」という人に、効果的な飲み方があったら教えていただけますか。

山本さん 花粉が飛散する1カ月半前から飲んだ人と、花粉が飛び始めてから飲んだ人の比較も行いました。その結果、早めに飲むことによって症状はより効果的に抑えられました

べにふうき緑茶の長期飲用と短期飲用の比較をするため、スギ花粉症の症状がある36人を2群に分け、べにふうき緑茶を飲料してもらった。短期飲用群に比べて、花粉飛散前から長期で飲んだ人のほうが、花粉飛散にともなう症状の悪化が有意に抑制された(Allergology International.2009;58(3):437.)
べにふうき緑茶の長期飲用と短期飲用の比較をするため、スギ花粉症の症状がある36人を2群に分け、べにふうき緑茶を飲料してもらった。短期飲用群に比べて、花粉飛散前から長期で飲んだ人のほうが、花粉飛散にともなう症状の悪化が有意に抑制された(Allergology International.2009;58(3):437.)

 例年、スギ花粉が辛いという人は、クリスマス前後を目安に飲み始めるといいでしょう。ただ、べにふうき緑茶の難点は、苦みが強いために子どもには飲ませにくいことです。

 そんなときは、牛乳と混ぜると苦みが和らぎます。メチル化カテキンは、通常のカテキンとは異なる形であるため、牛乳といっしょに飲んでも体内への吸収率は下がりません。お茶として抽出してから牛乳と混ぜて“ラテ”にして飲むと、子どもでも飲みやすくなります。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.