日経Gooday TOP  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは  > 3ページ目

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは

第5回 茶畑から生まれた機能性表示食品「べにふうき緑茶」――農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 山本(前田)万里さんに聞く

 柳本操=ライター

「メチル化カテキン」がヒスタミン放出を抑制

眼がかゆくてたまらなかったり、鼻がむずむずしたり、くしゃみが止まらなくなるアレルギー症状は本当に不快です。べにふうきはなぜアレルギー症状を抑えられるのでしょうか。そのメカニズムを教えていただけますか?

メチル化カテキンの構造
メチル化カテキンの構造
エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレートなら「-R」の部分が「-OH」に、エピカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレートなら「-H」になる

山本さん アレルギー症状を抑える有効成分は、べにふうきに多く含まれる「メチル化カテキン」という物質です。これはカテキンの一種で、お茶の茶葉に含まれるエピガロカテキンガレートやエピカテキンガレートといったカテキンの一部にメトキシ基(-OCH3という化学式:右の図の赤線部分)がついたものです。

 このメチル化カテキンは、わが国で広く飲まれているやぶきたにはまったく含まれませんが、べにふうきには非常に多く含まれます(下のグラフ)。グラフの中で上位ランキング3つにあるのが、べにふうき、べにふじ、べにほまれ。べにほまれは、べにふうきのお母さんで、べにふじはお姉さんにあたります。べにふうきは、交配によって生まれた、最もメチル化カテキンの含有量が多い品種です。

メチル化カテキン含有量の品種間差
メチル化カテキン含有量の品種間差
メチル化カテキンは「べにふうき」に多く含まれる。「やぶきた」にはまったく含まれていない(日本食品科学工学会誌.2001;48(1):64.) ※%dwは乾燥重量比パーセント
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.