日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは  > 7ページ目
印刷

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは

第5回 茶畑から生まれた機能性表示食品「べにふうき緑茶」――農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 山本(前田)万里さんに聞く

 柳本操=ライター

経皮からもアレルギーを抑制

山本さん メチル化カテキンは口から飲むだけでなく、経皮吸収によってもアレルギーを抑制できます。鼻が詰まってつらいときは、家にいるときであれば、コットンにべにふうき緑茶をひたして鼻に詰めたり、主婦湿疹やアトピーの場合は、お風呂にべにふうき緑茶を入れるといいでしょう。べにふうき茶エキスを配合した入浴剤も販売されていて、「ざらざらした皮膚がすべすべになった」と好評です。このように皮膚や粘膜を通過しやすいのもメチル化カテキンの特徴です。

べにふうきに関して、今後はどのように研究を進める予定ですか?

山本さん べにふうき緑茶を含め緑茶は今、海外、特にヨーロッパで注目を集めています。かつて赤ワインに含まれるレスベラトロール(ポリフェノールの一種)による“フレンチパラドックス”が話題になりましたが、「その次に注目すべきはお茶!」という流れになるのではと期待しています。実際、ドイツにも緑茶専門店が多いのですが、「べにふうきがアレルギーにいいらしい」と人気を呼んでいるそうです。日本発の農産物として今後も積極的にアピールしていきたいと思います。

 べにふうき緑茶のその他の効能として、「脂質代謝を改善する」「血圧上昇を抑制する」といった研究成果も出ています。ただ、一つのお茶にいろいろな機能性を持たせるのは、消費者にとっては「何にでも効くなんて怪しい」と受け止められかねない、という側面があります。今後は、目的の症状に特化した茶品種を増やしていき、みなさんの健康に役立てていただければと考えています。

       ◇       ◇       ◇

 5回にわたってお届けしてきた緑茶連載も今回でひとまず終了します。身近な存在でリーズナブルに飲める緑茶は、カラダのさまざまな場所で働き、健康アップに役立ちます。オフィスなどではペットボトル、そして家庭ではぜひ急須でお茶を入れて、毎日の元気にお役立てください。

山本(前田)万里さん
農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域・領域長
山本(前田)万里さん 1986年、千葉大学園芸学研究科修士課程修了。同年、農林水産省入省、中国農業試験場研究員。1996年に野菜茶業研究所主任研究官。2002年、茶機能解析研究室長。2012年、食品総合研究所食品機能研究領域長。2016年、農研機構食品研究部門食品健康機能研究領域長。茶の機能性研究(抗アレルギー作用、脂質代謝改善作用)とそれを利用した製品開発に取り組む。べにふうきの機能性解明に長く携わり、2013年に産学官連携功労者表彰農林水産大臣賞、2016年に日本農芸化学会農芸化学技術賞を受賞。筑波大学教授(協働大学院(グローバル研究院)。

先頭へ

前へ

7/7 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.