日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは  > 2ページ
印刷

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

つらい“花粉症”には緑茶がいい!? 抗アレルギー作用を持つ注目のお茶とは

第5回 茶畑から生まれた機能性表示食品「べにふうき緑茶」――農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 山本(前田)万里さんに聞く

 柳本操=ライター

機能性表示を果たした「べにふうき緑茶」

お茶のトクホや機能性表示食品が、スーパーやコンビニにずらりと並んでいます。一般に、「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収を穏やかにする」など抗メタボ系のものがおなじみです。そんな中、「抗アレルギー」という分野で唯一機能性表示を認められたのが「べにふうき緑茶」ですね。

アサヒ飲料の「アサヒめめはな茶」(写真左のペットボトル)、JAかごしま茶業の「べにふうき緑茶」(ティーバッグ)
[画像のクリックで拡大表示]

山本さん 私たちが研究、開発してきた「べにふうき緑茶」は、「ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減する」という表示がわが国で初めて受理された緑茶です。現在、アサヒ飲料の「アサヒめめはな茶」(ペットボトル)、JAかごしま茶業の「べにふうき緑茶」(ティーバッグ)の2製品が機能性表示食品として、昨年9月より販売されています。

 研究そのものは、実は20年前の1996年に本格スタートし、当時からヒト介入試験を積み重ねてきました。2006年からペットボトル飲料の販売も開始しましたが、“食品”であるため「アレルギー症状を軽減する」などといった効果効能の表示はできませんでした。このため、なかなか消費者に認知が広がりませんでした。以前から「もっと多くの人に飲んでほしい」と思っていましたので、今回の機能性表示食品制度での届出・受理は「悲願達成」という喜びが大きかったですね。

べにふうき茶には抗アレルギー効果が期待できるということですが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

べにふうき緑茶の臨床試験の結果(通年性鼻炎)
ダニを主体とする通年性アレルギー性鼻炎症状を持つ男女75名を2群に分け、一方はべにふうき緑茶(1日あたりメチル化カテキン34mgを含む)、やぶきた緑茶(メチル化カテキンを含まない)を12週間飲用してもらった。べにふうき緑茶群では、鼻症状、眼症状の症状スコアが低い値で推移し、飲用開始から7~12週間の鼻症状、4~12週間の眼症状において有意に低い値を示した。(日本食品素材研究会誌.2005;8(2):65.)

山本さん 室内のダニやホコリなどのハウスダストに対して、くしゃみや鼻水、眼のかゆみといったアレルギー反応が起こる人がいます。これらのアレルギー症状に効果を発揮します。ダニを主なアレルゲンとする通年性アレルギー性鼻炎症状を持つ男女を対象に、12週にわたってべにふうき茶を飲用してもらったところ、鼻症状、眼の症状が有意に改善されました(グラフ)。

 このグラフでは、やぶきたとべにふうきの2本の折れ線グラフを比較して見てください。通常、時間の経過とともにアレルゲンであるダニにさらされることによってどんどん症状が悪化していくのですが、べにふうきを摂取した場合、飲用開始から症状が抑えられているのがわかります。

 また、ハウスダストだけではなくスギ花粉症状をもつ被験者にも、べにふうき緑茶と、一般的な緑茶であるやぶきた緑茶を毎日飲んでもらって比較したところ、べにふうき緑茶を飲んだグループは、鼻かみ回数、眼のかゆみ、咽頭痛で症状スコアの改善が有意に認められました(Cytotechnology,2007;55(2-3):135-142.)。つまり、ハウスダストのような通年性のアレルギーでも、スギ花粉のような季節性のアレルギーでも、べにふうき緑茶を飲むことで症状改善効果が期待できるわけです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.