日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > ストレスで肝臓を傷める現代人こそ「緑茶」がいい
印刷

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

ストレスで肝臓を傷める現代人こそ「緑茶」がいい

第4回 「脂肪肝」や「風邪・インフル」予防にも効果が期待できる!――栗原クリニック東京・日本橋院長 栗原毅さんに聞く(後編)

 柳本操=ライター

薫り高く、心を落ち着かせてくれる“お茶”(緑茶)。現在、緑茶の健康効果についての研究が国内外で進行しており、緑茶に秘められた健康パワーが次々と明らかになっている。今回は、前回に引き続き、「血液サラサラ」という言葉の名付け親でもある、栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅さんに、緑茶を飲む習慣がいかに健康に寄与するかを詳しく聞いていく。緑茶はビジネスパーソンの多くが気になる「脂肪肝」への効果も期待できる。さらに、風邪やインフルエンザの予防効果も報告されているという。

(前編「緑茶習慣で『血液サラサラ』!『認知症予防』にも」はこちら

お茶は肝臓をダメージから守ってくれる

緑茶はビジネスパーソンの多くが気になる「脂肪肝」にも効果が期待できるという。(©kazoka30 -123rf)
緑茶はビジネスパーソンの多くが気になる「脂肪肝」にも効果が期待できるという。(©kazoka30 -123rf)

栗原先生は、C型肝炎のインターフェロン治療など、肝臓病がご専門です。グッデイ読者の関心も高い、肝臓と緑茶の関係についてもぜひお聞かせください。緑茶は肝臓にもいい効果があるのでしょうか?

栗原さん 肝臓は、体内の栄養分を蓄積したり、代謝したり、有害物質の解毒も行っている、体の中でもっとも大きな臓器です。しかし、肝臓は活性酸素に極めて弱い臓器で、ストレスの影響も受けやすいのです。家庭内不和があるだけで、肝機能の数値であるALTやASTが上がるぐらいなんですよ。

*ALT(GPT)とAST(GOT)、γ-GTPは、肝臓の状態を判断する基本的な指標。AST、ALTは肝細胞のなかでアミノ酸の代謝に使われる酵素。肝細胞が壊れると、これらの酵素が血液中に漏れ出てくるため、数値が高くなる。この数値のバランスが、肝細胞の壊れ具合や原因疾患を知る手がかりになる。γ-GTPは肝臓で作られ、アルコールを飲みすぎたときに高くなる。詳しくは「糖質のとりすぎは肝機能の数値でチェックできる 」の記事を参照)。

数値が上がるということは、それだけ肝臓が傷害を受けているということですね。デリケートな臓器なんですね……。

<b>栗原毅</b>さん。栗原クリニック東京・日本橋院長。北里大学医学部卒業。東京女子医科大学消化器病センター内科、東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授などを経て現職。総務大臣・厚労大臣主催「遠隔地医療の推進方策に関する懇談会」構成員。肝臓専門医として肝臓病、糖尿病に対する質の高い医療を実践する
栗原毅さん。栗原クリニック東京・日本橋院長。北里大学医学部卒業。東京女子医科大学消化器病センター内科、東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授などを経て現職。総務大臣・厚労大臣主催「遠隔地医療の推進方策に関する懇談会」構成員。肝臓専門医として肝臓病、糖尿病に対する質の高い医療を実践する

栗原さん そこで患者さんにお勧めしているのが、緑茶です。緑茶に含まれるカテキンには、肝臓を攻撃する活性酸素を消去する強い抗酸化作用があります。つまり、肝臓をダメージから守ってくれるわけです。また、お茶に含まれるうまみ成分のテアニンにはリラックス作用がありますから、お茶を飲むことでストレスが軽減します。これも肝臓にいい方向に働きます。

 カテキンやカフェインは熱いお湯で入れると多く抽出され、テアニンは40~50度ほどのぬるい湯で入れたときにたくさん抽出されます。ですから、朝は熱いお湯でカテキンとカフェインを抽出した渋めの緑茶でしゃきっと気持ちを奮い立たせ、夜は朝から水出しにして冷蔵庫に入れておいた甘みのある緑茶のテアニンでほどよくリラックスして安眠を、という飲み分けをするといいのです。

1/5 page

最後へ

次へ

肝機能・脂肪肝
ストレス
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.