日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > 緑茶習慣で「血液サラサラ」! 「認知症予防」にも  > 3ページ目

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

緑茶習慣で「血液サラサラ」! 「認知症予防」にも

第3回 エビデンスが続々! 飲んでも食べても効く緑茶――栗原クリニック東京・日本橋院長 栗原毅さんに聞く(前編)

 柳本操=ライター

静岡県はがん死亡率が低く、健康寿命が長い

栗原さん 厚生労働省が発表する市区町村別の「がん死亡率」によると、がんによる死亡者が少ない自治体には不思議な共通点があるのです。

 男性の2位と3位に掛川市と藤枝市、女性の1位と2位にも掛川市と藤枝市が。磐田市や浜松市や所沢市もあります。いずれも緑茶の産地として有名な場所ですよね。やはり、緑茶を飲む習慣ががんを遠ざける、と考えて正解だといえるでしょう。

がんによる死亡率が少ない市区町村ランキング(男女別)
女性男性
順位市区町村標準化死亡比順位市区町村標準化死亡比
1掛川市77.01国分寺市80.1
2藤枝市80.32掛川市80.7
3うるま市81.03藤枝市81.0
4磐田市82.14飯田市81.5
5津山市84.05練馬区81.6
6飯田市84.96三鷹市81.9
7桑名市85.67浜松市83.8
8浜松市85.88所沢市84.2
9成田市86.59仙台市泉区84.6
10横浜市青葉区87.110横浜市青葉区84.7
人口10万人以上の市区町村の中で、がんでの標準化死亡比を集計した結果。少ないほど、がんによる死亡率が少ない(※厚生労働省 人口動態特殊報告平成15~19年 人口動態保健所・市区町村別統計。標準化死亡比は、年齢構成比の異なる集団と比較するための指標で、100以上だと死亡率が高く、100以下では低いと判断できる)
都道府県別「健康寿命」の男女トップ5
お茶の消費量が日本一の静岡県は健康寿命が長い(2010年のデータ、厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」より)
[画像のクリックで拡大表示]

 健康寿命を都道府県別に出したランキングでも、面白い結果が出ています。女性健康寿命のトップは静岡県、男性の健康寿命でも静岡県は2位となっています。「静岡県の生活習慣」は、健康寿命を延ばすのに役立っていると言えるでしょう。この最大の理由として考えられているのが、緑茶の消費量です。ご存じの通り、緑茶消費量が最も多い件は静岡県で、2位以下を大きく引き離しています。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.