日経Gooday TOP  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > やっぱりすごかった! 緑茶の健康効果  > 4ページ目

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

やっぱりすごかった! 緑茶の健康効果

第1回 ダイエットから腸活まで、 「カテキン」の隠された効果とは? ~大妻女子大学名誉教授 大森正司さんに聞く(前編)

 柳本操=ライター

カテキンは“腸活”にも効果あり!

カテキンの健康効果は幅広いですね。ダイエットや、血圧、血糖値の抑制から、抗菌、抗ウイルス効果(インフルエンザ予防)にいたるまで、さまざまな効果があると言われています。そのパワーの秘密はどこにあるのでしょうか。

大森さん その秘密は、カテキンの二つの特徴によるものと考えられています。一つめは、吸着性の強さ。口に含めば虫歯菌にくっつき増殖を抑え、口臭を防ぎます。うがいをすればウイルスが持っている“とげ”に吸着し、ウイルスの体内への侵入を防ぐ。また、飲めば腸内に入って悪玉菌に付着してやっつけます

えっ、カテキンは、今話題の腸内環境改善にも効果があるんですか?

茶カテキンの摂取(1日300mg)の腸内菌叢に対する影響
茶カテキンを摂取し続けると、有用菌とされるビフィズス菌などは増加し、悪玉菌とされるクロストリジウムなどは減少した。女性10人、男性5人に、茶カテキン100mgを1日3度与えた結果(煎茶5~6杯分に相当)(Annals of Long-Term Care;6, 43,1998)
[画像のクリックで拡大表示]

大森さん そうです。1998年にわが国で行われた研究では、介護施設の高齢者15名に茶カテキン100mgを1日3回(1日分のカテキンは300mg、煎茶5~6杯に相当)、3週間摂取してもらったところ、腸の有用菌である乳酸菌やビフィズス菌が増加し、悪玉菌とされるクロストリジウムや大腸菌群は減少したのです。

茶カテキン摂取(1日300mg)のヒトの糞便に対する効果
茶カテキンを継続摂取すると、糞便中の有機酸類が増加し、pHが低下した。アンモニアなどの悪臭要素は減少した(条件は上図と同じ)(Annals of Long-Term Care;6, 43,1998)
[画像のクリックで拡大表示]

 腸内環境も、有用菌が増えやすい弱酸性環境に改善されました。胃十二指腸潰瘍の原因菌とされるヘリコバクター・ピロリや、腸管出血性大腸菌O157、耐性菌のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の殺菌効果もあることが報告されています。コレステロールや脂肪の吸収を緩やかにするダイエット効果にも、この吸着性が関わっていると考えられています。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.