日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > やっぱりすごかった! 緑茶の健康効果  > 3ページ
印刷

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

やっぱりすごかった! 緑茶の健康効果

第1回 ダイエットから腸活まで、 「カテキン」の隠された効果とは? ~大妻女子大学名誉教授 大森正司さんに聞く(前編)

 柳本操=ライター

カテキンは「ポリフェノール」の仲間

なかでも注目されている成分といえば「カテキン」ですね。特定保健用食品の認定を取得した商品でも大きくアピールしています。特定保健用食品や機能性表示食品でない緑茶商品でも、「カテキン2倍」などとパッケージに書いてあるケースもあります。

大森さん そうですね。カテキンは、緑茶に多く含まれる、緑茶を代表する“健康成分”です。カテキンは、植物中に数千種類あるといわれる「ポリフェノール」の一種で、緑茶の渋みの主成分です。カテキンという言葉の語源は、インド産のアカシア・カチューという豆科の樹液からとれる“catechu(カテキュー)”に由来しています。緑茶に含まれるカテキンは、1929年に理化学研究所の辻村みちよ博士らによって初めてその存在が明らかにされました。ちょうど、ここにカテキンの結晶があるので食べてみませんか?

緑茶に含まれるカテキンの構造例(エピガロカテキンの例)

真っ白い結晶なんですね。うわ、苦い!渋い! とんでもなく苦いです。

大森さん そうでしょう(笑)。カテキン単独ではとても飲めたものではないのですが、緑茶に含まれる他の成分のいい香り、甘み、うまみが重なることによって独特のまろやかなおいしさが出るのです。カテキンそのものは白く、緑茶の鮮やかな緑はクロロフィル(葉緑素)によるものです。煎茶にはカテキンが多いのですが、ほうじ茶や番茶にはあまり含まれていません。

 食後に濃い煎茶を飲むと、この苦みが口をさっぱりさせてくれるんですね。カテキンは、通常、茶葉乾燥重量の10~18%含まれ、春先に最初に摘む一番茶に比べて、二番茶、三番茶となるにつれて増加します。ただ、一番茶はうまみ成分であるテアニンが多いため、価格も高めとなります。玉露のように光が当たらないように覆われて栽培されるものは、カテキンの生成が抑えられて煎茶よりも少なくなります。ただ、その代わりにアミノ酸のテアニンが多くうまみが強い緑茶になります。

カテキンは、ポリフェノールの中でも「フラボノイド」の仲間。ブルーベリーのアントシアニンや、タマネギのケルセチン、大豆イソフラボンも同じグループに属している
[画像のクリックで拡大表示]

お茶と言えば、緑茶以外にウーロン茶や紅茶もありますが、やはり緑茶のほうがカテキン量が多いのですか?

大森さん カテキンは、とても酸化されやすい成分です。緑茶の場合、製造工程で蒸したり炒ったりという熱処理が行われることにより酸化酵素の働きが抑えられるので、ほとんど酸化しません。しかし、発酵させて作るウーロン茶や紅茶では、酸化酵素の作用がそのまま続くために、“重合”という作用が働いて、カテキンがテアフラビンといった成分に変化するのです。色も赤っぽい色になります。

緑茶に含まれるエピガロカテキンガレート

 ただ、それらのポリフェノールはカテキンと同じような抗酸化パワーを持っていますので、総合的に言うと緑茶、紅茶、ウーロン茶の活性は同じぐらいでしょう。ただ、いろいろな種類があるカテキンの中でも含有量が多く、生理活性が高いといわれる「エピガロカテキンガレート」は、発酵を止めて作られる緑茶に最も多く含まれます。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.