日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー  > やっぱりすごかった! 緑茶の健康効果  > 2ページ目
印刷

長寿の秘訣! 知られざる緑茶の健康パワー

やっぱりすごかった! 緑茶の健康効果

第1回 ダイエットから腸活まで、 「カテキン」の隠された効果とは? ~大妻女子大学名誉教授 大森正司さんに聞く(前編)

 柳本操=ライター

「カラダにいい緑茶」が飲まれなくなっている

 緑茶の健康効果が次々に明らかになり、緑茶を使った健康志向の食品・飲料が登場する一方で、緑茶を飲む習慣が失われつつあるのも今の日本の現状だ。お茶と言えば、かつては訪問先では必ず茶托に載った湯飲みが出されたものだ。ところが最近はペットボトル飲料が出されることが多くなった。家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っている。

 静岡県立大学茶学総合講座、岩崎研究室が2014年に20~60代の男女1000人を対象に行った「急須でいれた緑茶に関する意識調査」によると、緑茶を飲む頻度については半数近くの49.0%が「ほぼ毎日飲む」と回答している。一見高いようにも見えるが、逆に言うと半数以上の人が毎日緑茶を飲んでいないのだ(こちらの記事を参照)。

<b>大森正司さん</b>。大妻女子大学名誉教授。昭和17年、宮城県出身。東京農業大学大学院農芸化学専攻博士課程修了。大妻女子大学教授を経て、現在同大学名誉教授。大妻女子大学「お茶大学」校長。農学博士。お茶博士としてメディアでもわかりやすく日本茶の健康効果を伝える。著書に『茶の科学』(朝倉書店)、『おいしいお茶の教科書』(PHP研究所)などがある。
大森正司さん。大妻女子大学名誉教授。昭和17年、宮城県出身。東京農業大学大学院農芸化学専攻博士課程修了。大妻女子大学教授を経て、現在同大学名誉教授。大妻女子大学「お茶大学」校長。農学博士。お茶博士としてメディアでもわかりやすく日本茶の健康効果を伝える。著書に『茶の科学』(朝倉書店)、『おいしいお茶の教科書』(PHP研究所)などがある。

 普段の飲み方も、20代から30代では、「急須でいれる」より、「ペットボトルで緑茶を飲む」人の方が多数派だ。若い世代で「急須離れ」が進んでいることがわかる。

 実際、日本での緑茶の生産量と、国内消費量は減少傾向にある。農林水産省の統計によると、2015年の荒茶(仕上げ茶の前段階のもの)の 生産量(全国)は7万9500トンと前年に比べ5%も減った(※なお、ペットボトルなどの緑茶飲料市場は近年拡大傾向にある)。

 冒頭でも少し触れたが、緑茶にはさまざまな健康効果がある。値段が安く、量も摂取しやすい緑茶――こんなスグレモノを活用しない手はない。そこで今回の特集では、日本人だからこそ改めて見直したい「緑茶の健康効果」を緑茶研究の第一人者に聞いていく。

 初回となる今回は、これまで50年にわたってお茶研究に従事してきた“お茶博士”、大妻女子大学名誉教授 大森正司さんに、緑茶の健康効果の全体像、そして緑茶の健康効果の代名詞ともなっている「カテキン」の効果について伺った。

緑茶の良さが忘れられている

昨年の国立がん研究センターの研究報告により、「やっぱり緑茶は体にいい」とマスコミなどで大きく取り上げられました。カラダにいいというのは、やはり本当だったのですね。

大森さん 緑茶の健康効果は欧米諸国でも注目されているんです。1998年にアメリカ健康財団のJ.H.ワイスバーガー博士によって『がん予防効果がある』と発表されています。近年では、メタボリック症候群予防やがんのステージのどこで効くかなど、研究内容はより細分化していっています。

 緑茶の機能性研究は世界各国で進行する一方で、「緑茶は日本人にとってはあまりにも当たり前すぎて、その良さが忘れられているのかもしれない」と危惧していたので、国立がん研究センターの発表はうれしかったですね。改めて「緑茶」を飲もうという人も増えたのではないかと思います。

国立がん研究センターによると、死亡リスクを低下させ、心臓や脳も病気から守る。いいことづくめですね。この働きは、緑茶のどの成分から得られるものなのでしょうか。

大森さん 緑茶に含まれる「カテキン」「カフェイン」「テアニン」といった成分による複合的な働きによるものです。渋みと苦み、うまみが重なり合うこれらの健康成分を、急須に茶葉を入れてお湯を注ぐだけで同時に取ることができる。日本茶はあえてサプリメントを取る必要がなく、しかも経済的にもやさしいという、最も身近で健康効果を期待できる飲料です。

緑茶に含まれる主な健康成分と効果
●カテキン(渋み成分)
ダイエット効果(脂肪燃焼を促進)
抗酸化作用
抗菌、抗ウイルス作用(ピロリ菌や歯周病菌の抑制、抗インフルエンザ)
肝臓を保護する
血圧を抑える
血糖値上昇を抑える
腸内環境を改善する
口臭を抑える、虫歯予防
アレルギー症状の抑制(「べにふうき」という品種による効果)
発がん抑制効果も期待
●テアニン(うまみ成分)
リラックス作用
ストレス軽減
●カフェイン(苦み成分)
気分すっきり、覚醒作用
ダイエット効果(脂肪燃焼を促進)
●その他
ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、葉酸、フッ素、γ-アミノ酪酸(GABA)など
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.