日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の会員制高級人間ドックってどんなところ?  > 東京駅から徒歩3分、歯科とも連携したプレミアム人間ドックの気になる中身  > 3ページ目

話題の会員制高級人間ドックってどんなところ?

東京駅から徒歩3分、歯科とも連携したプレミアム人間ドックの気になる中身

独自のサービスが充実した「SBIメディック」

 田中美香=医療ジャーナリスト

院長の専門分野を活かし、循環器系の検査が充実

<b>東京国際クリニック/医科 院長の高橋通氏</b>。筑波大学医学専門学群卒業後、国立国際医療研究センター、東京大学大学院、六本木ヒルズクリニックを経て、2015年より現職。循環器専門医であり、専門を活かした親身なカウンセリングが好評。
東京国際クリニック/医科 院長の高橋通氏。筑波大学医学専門学群卒業後、国立国際医療研究センター、東京大学大学院、六本木ヒルズクリニックを経て、2015年より現職。循環器専門医であり、専門を活かした親身なカウンセリングが好評。

 東京国際クリニック/医科の院長を務める高橋通氏は、国立国際医療研究センターや六本木ヒルズクリニックなどで診療を行ってきた、循環器専門医。その専門性を活かし、循環器系の最新鋭の機器がそろっているのがSBIメディックの第二の特徴だ。たとえば、冠動脈造影CTは、心臓カテーテル検査とほぼ同精度で冠動脈の走行・狭窄を調べるもので、心筋梗塞のリスクを知るのに有効だ。これに加えてMRI(磁気共鳴断層撮影装置)の設備も整っているので、いずれかを選ぶことができる。

 また、心電図の波形を周波数解析し、心筋の血の巡りが悪い“虚血”になっていないか、不整脈が起きやすくないかを調べる心筋虚血診断検査(MCG)も導入している。

 「造影剤を使う検査にはアレルギーなどのリスクを伴いますが、MCGでは造影剤を使いません。放射線も使わないので、患者さんの安心感は高いと言えます。当院のプレミアムドックコースは両方の検査が受けられるので、そのぶん情報量が増え、多方面からアプローチできます」(高橋院長)。

 循環器系を強みとする一方、消化器系の検査の充実ぶりも目を引く。たとえば、大腸検査は、大腸内視鏡検査だけでなく、大腸3D-CT検査(*1)も選択可能。大腸内視鏡検査は、1m以上もある内視鏡を肛門から挿入しなければならないが、3D-CT検査の場合は、腸を膨らますための炭酸ガスを注入するチューブを肛門から数cm入れるだけ。撮影自体も10分以内で終わるため、内視鏡ほどの負担はない。ただし、5mm以下の小さな病変がある場合は、内視鏡の方が発見率が高いとされる。どちらにするかは本人次第だが、女性は3D-CTを選ぶ人が多いという。

*1 CTで撮影したデータを画像処理によって再構成し、内視鏡で腸内を見た時のような三次元映像を作成する検査。「バーチャル内視鏡」とも呼ばれる。参考記事(「内視鏡より楽に大腸がんをチェックできる大腸3D-CT検査」
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.