日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の高級会員制医療サービスってどんなもの?  > 1日8人限定!ホテルのような空間で高精度な検診  > 4ページ目
印刷

話題の高級会員制医療サービスってどんなもの?

1日8人限定!ホテルのような空間で高精度な検診

オープンから4カ月半で会員1200人を超えた「ハイメディック東京ベイ」

受け入れは1日8人限定

検査室や処置室のドアが並ぶ廊下。床はフローリングで温かみのある雰囲気だ。

 一般的な検診施設では、30分刻みに10名程度を受付するシステムが一般的。だが、同施設では、1日に100人、200人という人数を受け入れることはない。ベルトコンベア式の検診を回避し、受診者の待ち時間を最小限に抑えるため、1日の受診者数はわずか10人以下という徹底ぶりだ。

 「受け入れ人数は、2015年12月のオープン以来、1日6人としてきましたが、この枠を拡大し、2016年4月から1日8人に増員しました。今後も少しずつ増やす予定ですが、検診のクオリティを下げるつもりはありません。快適性と先進性の両方を満たす検診を提供したいと考えています」(大城医師)。

 ハイメディック東京ベイは検診主体の施設だが、会員の検診後のフォローや生活習慣病予防のためのサポート、一般的な医療相談を行う医療相談室がある。また、精密検査や受診の必要が生じた場合は、受診者の希望に添って、専門の医療機関の紹介も行っている。

入会金・年会費合わせて約300万円、法人会員が半数近く

 これだけの充実したサービスを受けるためには、どのくらいの料金がかかるのだろうか。気になるハイメディック東京ベイの入会金は、243万円(税込)。年会費は54万円(同)に設定されている。検診は1人につき年間1回。その他、上記の医療相談などのサービスを利用できる。

ハイメディック東京ベイ コース価格表(円)
内訳会員資格金(入会金)年会費検診券枚数会員資格期間
本体価格2,250,000500,0001枚15年
消費税180,00040,000
合計2,430,000540,000
ホテルトラスティ東京ベイサイドの地下に開設された、ハイメディック東京ベイ画像センターのエントランス。ホテル宿泊者とは別の専用エレベーターが設置されている。(写真提供:株式会社ハイメディック)

 通常の人間ドックとは桁違いの料金設定だが、オープンから4カ月半の2016年4月末で、同施設の会員は約3100人の募集に対し、早くも1200人を超えた

 「割合として多いのは、会社の経営者の方々ですね」と大城医師。経営者は自身の健康状態が業績を左右しかねないだけに、健康管理には人一倍気を使っているのだろう。また、個人会員だけでなく、法人会員も半数近いという。検診券は譲渡することが可能なので、法人として入会し、福利厚生として従業員が利用するケースが多いという。

 人間ドックは、忙しく働く現役世代や、老後をゆったりと過ごすシニア世代が、自身の健康に徹底的に向き合う日。どうせ検診を受けるなら、高額でもいいので、心地よい空間でくつろぎながら、最新鋭の検査で全身をくまなくチェックしたい。もちろんアフターサポートも手厚く―。そんなニーズに応えた高級会員制医療サービスは、今後、さらに拡大していくのだろうか。グランドハイメディック倶楽部では今後、2016年6月20日に「ハイメディック京大病院」、同7月5日には「ハイメディック名古屋」のオープンを予定している。

(取材:稲垣麻里子/文:田中美香)

(写真:村田わかな)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.