日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の高級会員制医療サービスってどんなもの?  > 1日8人限定!ホテルのような空間で高精度な検診  > 4ページ目
印刷

話題の高級会員制医療サービスってどんなもの?

1日8人限定!ホテルのような空間で高精度な検診

オープンから4カ月半で会員1200人を超えた「ハイメディック東京ベイ」

受け入れは1日8人限定

検査室や処置室のドアが並ぶ廊下。床はフローリングで温かみのある雰囲気だ。

 一般的な検診施設では、30分刻みに10名程度を受付するシステムが一般的。だが、同施設では、1日に100人、200人という人数を受け入れることはない。ベルトコンベア式の検診を回避し、受診者の待ち時間を最小限に抑えるため、1日の受診者数はわずか10人以下という徹底ぶりだ。

 「受け入れ人数は、2015年12月のオープン以来、1日6人としてきましたが、この枠を拡大し、2016年4月から1日8人に増員しました。今後も少しずつ増やす予定ですが、検診のクオリティを下げるつもりはありません。快適性と先進性の両方を満たす検診を提供したいと考えています」(大城医師)。

 ハイメディック東京ベイは検診主体の施設だが、会員の検診後のフォローや生活習慣病予防のためのサポート、一般的な医療相談を行う医療相談室がある。また、精密検査や受診の必要が生じた場合は、受診者の希望に添って、専門の医療機関の紹介も行っている。

入会金・年会費合わせて約300万円、法人会員が半数近く

 これだけの充実したサービスを受けるためには、どのくらいの料金がかかるのだろうか。気になるハイメディック東京ベイの入会金は、243万円(税込)。年会費は54万円(同)に設定されている。検診は1人につき年間1回。その他、上記の医療相談などのサービスを利用できる。

ハイメディック東京ベイ コース価格表(円)
内訳会員資格金(入会金)年会費検診券枚数会員資格期間
本体価格2,250,000500,0001枚15年
消費税180,00040,000
合計2,430,000540,000
ホテルトラスティ東京ベイサイドの地下に開設された、ハイメディック東京ベイ画像センターのエントランス。ホテル宿泊者とは別の専用エレベーターが設置されている。(写真提供:株式会社ハイメディック)

 通常の人間ドックとは桁違いの料金設定だが、オープンから4カ月半の2016年4月末で、同施設の会員は約3100人の募集に対し、早くも1200人を超えた

 「割合として多いのは、会社の経営者の方々ですね」と大城医師。経営者は自身の健康状態が業績を左右しかねないだけに、健康管理には人一倍気を使っているのだろう。また、個人会員だけでなく、法人会員も半数近いという。検診券は譲渡することが可能なので、法人として入会し、福利厚生として従業員が利用するケースが多いという。

 人間ドックは、忙しく働く現役世代や、老後をゆったりと過ごすシニア世代が、自身の健康に徹底的に向き合う日。どうせ検診を受けるなら、高額でもいいので、心地よい空間でくつろぎながら、最新鋭の検査で全身をくまなくチェックしたい。もちろんアフターサポートも手厚く―。そんなニーズに応えた高級会員制医療サービスは、今後、さらに拡大していくのだろうか。グランドハイメディック倶楽部では今後、2016年6月20日に「ハイメディック京大病院」、同7月5日には「ハイメディック名古屋」のオープンを予定している。

(取材:稲垣麻里子/文:田中美香)

(写真:村田わかな)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.