日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の高級会員制医療サービスってどんなもの?  > 1日8人限定!ホテルのような空間で高精度な検診  > 3ページ目
印刷

話題の高級会員制医療サービスってどんなもの?

1日8人限定!ホテルのような空間で高精度な検診

オープンから4カ月半で会員1200人を超えた「ハイメディック東京ベイ」

見落としのリスクが極めて低い乳がん検査も魅力

 女性にとっては、乳がん検査をどこまで精密に実施してくれるかも検診施設選びのポイントの1つとなる。一般的な人間ドックでは、マンモグラフィと乳腺超音波検査の片方しか選択できない、あるいはいずれかがオプション扱いであることが多い。しかし、同施設ではすべての女性受診者がこの2つを受けられる上に、マンモグラフィは、撮影画像を立体視できる「3Dマンモグラフィ」を採用している。

 加えて、画像センターでは、マンモグラフィや全身用のPETよりもさらに小さな病変を検出できる「乳房用PET」も装備。マンモグラフィ独特の「挟まれる時の痛み」がなく、うつ伏せになって検出器ホールに乳房を入れるだけで検査ができる。「これだけ組み合わせて検査をすれば、まず見落としはないといえるのではないでしょうか。もちろん、ゼロとは言いませんが、見落としの可能性はかなり低くなる組み合わせです」(大城医師)。

 各検査の間は、終始コンシェルジュがエスコートしてくれ、待ち時間は全11室ある個室で過ごす(夫婦で利用できる2人用の部屋もある)。検査着を着た受診者が通路のベンチにずらりと並んで延々と待機する…という風景とは無縁だ。問診や採血などが行われる部屋もすべて個室で、プライバシーへの配慮も万全。2日間を通して、他の受診者と顔を合わせることはほとんどないという。

受診者が待ち時間を過ごす個室の一例。
問診や採血もすべて個室で行われる。

検査から結果説明まで1泊2日で完結するスピードが強み

ハイメディック東京ベイの責任医師を務める大城秀巳医師(ミッドタウンクリニック有明院長)。東京大学医学部を卒業後、同附属病院第一外科(現在の腫瘍外科・血管外科)、米ニュージャージー州立医科歯科大学客員研究員、内閣府宮内庁侍従職侍医長などを経て現職。

 ハイメディック東京ベイの検診のさらなる特徴は、結果が出るスピードだ。様々な画像検査で得られた画像は、放射線専門医を交えたダブルチェック体制で読影し、2日目の検査終了時にはすべての検診結果が出そろう

 「通常、撮影した画像を複数の専門家が読影し、すぐにご本人に結果を説明するのは、よほどの体制がなければ不可能です。しかも、検査項目が多ければ多いほど、大変になってきます」(大城医師)。

 2日間の検診で得られた数十項目の検診結果は、検診の専門家である医師が総合的に解析し、精密検査を要する項目や、将来の病気になるリスクを洗い出す。これらについて、時間をかけて丁寧に説明した上、生活習慣改善のアドバイスも行う。

 「30~40分、場合によっては1時間かけて詳しく説明し、疑問や不安があればその場で解消していただくよう努めています」と大城医師は言う。

 結果が郵送されるまで悶々として待つことなく、1泊2日の間に、ワンストップで結果まで知ることができるのはうれしいシステムだろう。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.