日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ジメジメ期に大増殖!? オトコの顔・頭・体の肌トラブル  > 汗だくのシャツの下は高温多湿!“体カビ”の温床に
印刷

ジメジメ期に大増殖!? オトコの顔・頭・体の肌トラブル

汗だくのシャツの下は高温多湿!“体カビ”の温床に

外回り後は着替えてマラセチア菌の増殖を防ごう

 内藤綾子=医療ジャーナリスト

 ジメジメとした梅雨の時期になると、皮膚トラブルに悩む人が少なくない。そんなジメジメ期特有の肌トラブルの原因として、注目されているのが「カビ」だ。顔、頭、体の3回連載で、カビが原因の肌トラブルについて解説している。最終回では、体にできる皮膚トラブル、マラセチア毛包炎を取り上げる。体は常に衣服に包まれて、肌表面は高温多湿になりやすい。体のマラセチア毛包炎に悩んでいる人が、習慣づけたいセルフケアについても紹介する。

高温多湿で汗をかいた皮膚が衣服に覆われると……

 汗の量が増えて体全体がベタつき始める時期、上半身に赤いポツポツができた経験はないだろうか。「あせも?」「体のニキビ?」と思うかもしれないが、マラセチア毛包炎の可能性が考えられる。

 マラセチア毛包炎は、皮膚の表面にすみつくカビ(真菌)の一種であるマラセチア菌が大きく関係している。「肌にカビがいるなんて、すごく不潔!」と焦ることはない。誰の皮膚にもすみついている常在菌で、普通に生活している分には、肌を弱酸性に整えて、肌のコンディションを保つ働きをする“皮膚の味方”なのだ。

 しかし、高温多湿の季節、皮膚から発散された汗を衣類で覆ってしまうと、皮脂をエサにするマラセチア菌が皮膚の上で繁殖しすぎることがある。たくさんのマラセチア菌が皮脂を分解してできた遊離脂肪酸が、酸化されて刺激性の強い過酸化脂質に変化し、マラセチア毛包炎を引き起こすと考えられている。

写真1◎ 体のマラセチア毛包炎の例(清先生提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 マラセチア毛包炎は胸や背中、肩、二の腕の外側に、単一の丸い形をした赤いポツポツが現れ、軽いかゆみを伴う。腰から下には見られないのも特徴だ。鏡などを使わないと確認が難しいかもしれない。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.