日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ジメジメ期に大増殖!? オトコの顔・頭・体の肌トラブル  > 頭皮にカビ?! 枕にタオル、ドライヤーでフケと皮脂への対策を!
印刷

ジメジメ期に大増殖!? オトコの顔・頭・体の肌トラブル

頭皮にカビ?! 枕にタオル、ドライヤーでフケと皮脂への対策を!

皮脂量が多く、汚れが残りやすい頭皮はカビ増殖の危険地帯

 内藤綾子=医療ジャーナリスト

 ジメジメとした梅雨の時期になると、肌トラブルに悩む人が少なくない。そんなジメジメ期特有の肌トラブルの原因として、気を付けたいのが「カビ」だ。顔、頭、体について3回にわたって、カビが引き起こす肌トラブルについて解説している。2回目は、頭にできる肌トラブル、脂漏性皮膚炎にスポットを当てる。鏡を使ってもくまなく眺めることが難しい頭皮。気付かないうちに、フケや赤みに見舞われているかもしれない…。日常で気をつけたいセルフケアもチェックしてみよう。

マラセチア菌が、皮脂の分泌が増えることで増殖する

写真1◎ 頭皮の脂漏性皮膚炎の例(清先生提供)

 高温多湿の気候に加えて、紫外線が強くなるこれからの時期、顔に比べて約2倍皮脂腺の数が多い頭皮は、炎症や湿疹などの皮膚疾患を起こしやすくなる。額の約2.5倍の皮脂量が分泌される頭皮は、脂漏性皮膚炎のリスクにさらされる

 さらに、脂漏性皮膚炎の発症に大きく関与しているのが、マラセチア菌というカビ(真菌)の一種。「頭にカビがいる!?」と驚くなかれ。人の皮膚に普通に存在する常在菌で、通常なら肌を弱酸性に整えて、肌のコンディションを保つ役割を果たしている。しかし、ムシ暑い環境、睡眠不足やストレス、食生活やホルモンバランスの乱れなどにより皮脂が過剰に分泌されると、皮脂をエサにしているマラセチア菌が異常に繁殖して皮膚に悪さをすることがあるのだ。

 マラセチア菌による皮膚感染症に詳しい帝京大学医学部附属溝口病院の清佳浩先生は、「増殖したマラセチア菌は皮脂を脂肪酸に分解する。そのときできた遊離脂肪酸が酸化した、刺激性の強い過酸化脂質が炎症の引き金となり、脂漏性皮膚炎が生じると考えられています」と話す。

参考記事:「アブラギッシュの“ブツブツ”はカビが原因かも

脂っぽいフケが出るのが最大の特徴

 頭皮の脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多く、洗い残しやすい場所に多発するので、耳の後ろ、うなじ、髪の生え際などに現れやすい。地肌が炎症を起こして赤くなるほか、皮膚が刺激されてターンオーバーが早まり、細かく剥がれ落ちて脂っぽいフケが出ることが最大の特徴だ。かゆみはあるが、それほどでもない。

 ビジネスパーソンにとって、両肩にフケが落ちていることは不潔に見えて印象が悪い。下のセルフチェックで確かめてみよう。

頭の脂漏性皮膚炎セルフチェック(清先生による)
□ 耳の裏側が赤い
□ フケの量が増え、洗髪しても減らない
□ 髪の生え際が赤かったり、皮膚がむけたりしている
どれかひとつでもチェックが入る人は要注意。フケや赤みがいつまでも治らないようなら、皮膚科を受診することが望ましい。

 清先生のもとには、「フケがなかなか治らない。脂漏性皮膚炎ではないか」と言って全国から患者が訪れるが、2人に1人は違う病気だという。「最近多く見られるのは、シャンプーやリンスによるかぶれ」(清先生)。シャンプーで丁寧に洗っても、症状が改善しないとき、シャンプーを替えて症状が落ち着いた場合は、かぶれの可能性が高い。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.