日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ジメジメ期に大増殖!? オトコの顔・頭・体の肌トラブル  > アブラギッシュの“ブツブツ”はカビが原因かも  > 3ページ目
印刷

ジメジメ期に大増殖!? オトコの顔・頭・体の肌トラブル

アブラギッシュの“ブツブツ”はカビが原因かも

高温多湿+皮脂が常在菌マラセチアを増殖させる!?

 内藤綾子=医療ジャーナリスト

洗顔料を泡立てて、毎日洗うセルフケアを

写真3◎ コラージュフルフル泡石鹸(持田ヘルスケア)
[画像のクリックで拡大表示]

 「私のところで受診しているマラセチア毛包炎の患者さんのうち、50代以降では、石けんなどできちんと洗顔するのが週1~2回程度という人が多い」と清先生は話す。前述した通り、男性の皮脂分泌量は年齢が上がってもさほど下がらないのが特徴だ。

 マラセチア毛包炎を予防するために、清先生が勧める洗顔法は、1日1回は洗顔料を丁寧に泡立てて、キメ細かい泡を作り、顔を包み込むようにして洗うこと。ゴシゴシ洗いは皮膚に刺激を与えて毛穴がつまり、逆効果になることがある。さらに洗顔料の残りカスもマラセチア菌のエサになってしまうので、すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す。

 ちなみに、清先生は「『コラージュフルフル』というイミダゾール系抗真菌成分を配合した液体石鹸を使うと効果的」と話す。次回以降に紹介する、頭皮や体にできたマラセチア毛包炎のほかにも、カビの一種である白癬菌による水虫の対策にもなる。

 洗顔後は、肌ケア用のオイリーなクリームなどは避け、さっぱりしたローションなどを使用するとよい。

マラセチア毛包炎を予防する洗顔法とスキンケア(清先生による)
  • 1日に1回はしっかり洗顔する
  • 泡で顔を包み込むように洗う
  • 洗顔料もすすぎ残しがないように
  • 抗真菌成分が入った洗顔料を選ぶ
  • 油分の多いクリームではなく、ローションで肌を整える

ストレスが原因で皮脂が増えることも

 また、ストレスによって皮脂の分泌量が増えるという。

 「皮脂腺の近くには自律神経があり、ストレスで交感神経が優位になると皮脂腺が刺激されて過剰に皮脂が分泌されてしまいます。同時にストレスは男性ホルモンのバランスを乱す原因になり、皮脂分泌にさらに拍車をかけることも」(清先生)。ストレスが続いている生活環境を見直すことも重要だ。

 女性の場合、脂分の多い下地乳液類は避けることを心がけたい。メイクをしたまま汗をたくさんかかないように気をつけ、汗をかいたら、洗顔して化粧直しをする。ときどき、メイクをしたまま寝てしまう人がいるが、それもできるだけ避けること。

 ファンデーションのパフには、メイクのたびに肌の脂や水分と一緒にマラセチア菌もついて繁殖する。そのまま繰り返し使用すると、パフについて繁殖したマラセチア菌を肌に塗ってしまうことになるので、パフは毎回違う部分を使い、こまめに洗うと安心だ。

 顔にできる赤いブツブツやかゆみは、カビによるものだけではなく、“ニキビダニ”と呼ばれる微生物が関与していることもあるそうだ。この“ニキビダニ”について、「“顔ダニ”って知ってる? 皮脂をエサに増殖し、肌トラブルを引き起こす」で解説する。

清 佳浩(せい よしひろ)先生
帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科科長、教授
清 佳浩(せい よしひろ)先生 皮膚科全般、脂漏性皮膚炎、真菌症、爪疾患、脱毛症を専門とする。日本大学医学部卒。昭和大学藤が丘病院皮膚科、金沢医科大学皮膚科学教室専任講師、昭和大学藤が丘病院皮膚科専任講師や助教授を経て、現職。日本皮膚科学会皮膚科専門医、日本医真菌学会、日本研究皮膚科学会に所属。『皮ふのしくみ もっと知ろうからだのこと』(インタープレス)など著書多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

今すぐ無料体験に申し込む

日経Goodayマイドクター会員(有料)とは?

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.