鎖骨パンチ

利き腕(パンチを打つ手)と反対の手の親指と小指で、利き腕側の鎖骨を上下にはさむ。この状態で、もう一度パンチを打ち込む。

記事に戻る