日経グッデイ

話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~

吉野家なのに肉がない!? 野菜たっぷりヘルシーメニューに潜む狙いとは

野菜の1日の必要量の半分を1杯の丼で! ケルセチンでさらにヘルシー

 永浜敬子=ライター

「外食ばっかりじゃカラダに悪い」と言われたのは昔の話。消費者の健康意識の高まりや女性客の取り込みをねらって、「健康を意識したメニュー」を出す外食店が増えている。我々利用者側としても、家の外で“罪悪感なく”おいしいものを食べられるのはありがたい。特に注目なのが、多くの人がお世話になっている外食チェーン店の動きだ。今回紹介するのは、牛丼界のパイオニア「吉野家」だ。

オレンジ色の店舗でおなじみの「吉野家」。「うまい、やすい、はやい」から「うまい、やすい、はやい、健康」に進化している
[画像のクリックで拡大表示]

牛丼チェーンで、野菜を摂る?

 牛丼といえば、がっつり飯の代表格。健康志向とは一見縁がなさそうだが、実はさにあらず。例えば、牛丼チェーン最大手の「すき家」(ゼンショーホールディングス)は、牛丼のご飯の代わりに豆腐を使ったヘルシーメニュー「牛丼ライト」を2006年から販売している。カロリーは269kcalと同社の牛丼並盛(656kcal)の半分以下。低糖質(ロカボ、ローカーボ)がブームになるはるか昔から商品化しているのだ。

 今回紹介する吉野家は、言わずとしれた牛丼界のパイオニア。「うまい、やすい、はやい」の“吉牛(よしぎゅう)”は学生時代からお世話になっている人も多いだろう。そんな吉野家が、2015年から“健康志向”に積極的に取り組んでいる。かつては「牛丼」単品で勝負していた吉野家だが、2000年代半ばから、カレーや定食などメニューを広げていることは多くの方がご存じではないかと思う。そして去年からは、健康メニューを続々と投入しているのだ。

 その代表的な存在が、昨年5月に登場した11種類の野菜を使った「ベジ丼」だ。これは「健康かつ食べ応えのある商品」をコンセプトに開発された新商品。なんと吉野家なのに、“肉が一切入ってない温野菜だけの丼”だ。

11種類の野菜を使った「ベジ丼」(480円)。カロリーは399kca ※写真、商品データは現行商品のもの。リニューアル前は530円だった
[画像のクリックで拡大表示]

 これを皮切りに、その後も「豆腐ぶっかけ飯~鯛だし味~」や「麦とろ牛皿御膳」など、続々とヘルシーメニューが登場した。そして、今年春には「ベジ丼」がリニューアルし、カロリーをさらにカットして、ヘルシー度を増して再登場した。

「うまい、やすい、はやい、健康」を提案

 牛丼の吉野家が、野菜だけの丼「ベジ丼」を発表したのは昨年5月のこと。ご存じでない方もいるかもしれないが、当時は報道などでも多く取り上げられている(こちらの記事を参照)。当時の商品発表会で河村泰貴社長は、「これまでの『うまい、やすい、はやい』に『健康』を加えた、『うまい、やすい、はやい、健康』を提案する商品」と説明している。つまり、吉野家は、積極的に「健康」に取り組むことを宣言したわけだ。

吉野家 企画本部 本部長の鵜澤武雄上席執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 ベジ丼は、オクラ、パプリカ、いんげん、ブロッコリー、きゃべつ、たまねぎ、ベビーコーン、ニンジン、サツマイモなど、1日に必要な量の半分に相当するという11種類の温野菜に、同メニューのために開発された特製の「うま塩ダレ」をかけた丼だ。

 ベジ丼シリーズには、野菜だけのベジ丼のほか、牛丼の具である牛肉が入った「ベジ牛」、スパイシーな「旨辛カレー」に食感豊かな温野菜をたっぷりのせた「ベジカレー」の3種類がある。ベジ牛は、「肉も野菜もしっかり食べたい」という層にぴったりのメニューだ。

 これらベジ丼シリーズ、ターゲットはミドル以上の男性だという。企画本部 本部長の鵜澤武雄上席執行役員は、「よく『女性向けですか』と聞かれるのですが、そうではないのです。メインのターゲットは健康に気を使う男性です。現在の吉野家の主力顧客層は、30代後半から40代、50代になっています。常連だったお客様の年齢が徐々に上がって健康志向が強まってくると、吉野家が外食の選択肢から外れてしまうという可能性があります。『吉野家は量が多く、健康にはあまりよくないのでは…』というイメージを払拭して、お客様に“野菜をしっかり摂れるメニュー”も選んでいただけるようにするのが狙いです。結果的に、女性のお客様にもご支持いただいています」と説明する。

 確かに、40歳を超えてくると、「お腹の脂肪」が少しずつ気になってくる。健康に気をつけ始めた働き盛りのビジネスパーソンにとって、「今日は野菜を多めに、カロリーを控えめにしようか」と思ったときに、ベジ丼という選択肢があるのはとてもありがたい。「これまで吉野家を贔屓にしていただいた方にこそ食べてほしい。昼はがっつり食べたので、夜はあっさりベジ丼を、といったような使い分けをしてもらえるのが理想です」(鵜澤氏)。

半日分の野菜に、牛丼の具も一緒に盛った「ベジ牛」(590円) 。カロリーは582kcal ※写真、商品データは現行商品のもの。リニューアル前は650円
[画像のクリックで拡大表示]

 ベジ丼シリーズは、売り上げはどうなのだろうか。鵜澤氏によると、「発表当初は反響がとても大きく、昨年5月の発売直後は当初計画より上振れして、計画の1.5倍の売り上げを記録しました。店舗にもよりますが、10人に1人がベジ丼シリーズを選んでいただいた計算になります」という。2~3カ月すると、売り上げは落ち着いてきたというが、「ベジ丼は今後も継続します。今年3月にはベジ丼を刷新しました」(鵜澤氏)。

タマネギのケルセチンでより健康度がアップ!

今年2月には「ベジ丼」シリーズを刷新。タマネギ1個分のケルセチンが入ったオニオンソースになった

 今年の3月のリニューアルでは、たれ(ソース)を刷新すると同時に、価格を値下げした。ソースは、従来の「うま塩ダレ」から、タマネギをベースにした、「オニオンソース」に変わった。タマネギには、「動脈硬化予防」「血圧降下」などの効果があるとされるポリフェノールの1種「ケルセチン」が豊富に含まれている。ベジ丼1杯で、タマネギ1個分のケルセチンを含むという。従来のベジ丼は並盛1杯で415kcalだったのに対し、今回は399kcalとするなど、リニューアルでより健康に配慮した商品になった。さらに価格も改定、従来の530円(ベジ丼並盛)から50円も値下げして、480円にしている。値下げしても、野菜の組み合わせや重量は変わっていないという。余談だが、原価率は通常の牛丼より高いそうだ。

 この新ベジ丼を実際に食べてみると、オニオンソースの自然の甘みが温野菜の素材の味をより際立たせている。温野菜は適度な歯ごたえが残してあるので、野菜それぞれの持ち味が味わえ、何より野菜そのものの量も多い。目にも鮮やか。歯ごたえのある野菜をしっかりと噛むので思いの外満腹感がある。

 なかでも私が気に入ったのが「ベジ牛」だ。温野菜はオニオンソースだけでも十分おいしいが、そこに牛丼のたれが絡まると、旨さは倍増する。肉と野菜を合わせて食べてもいいし、野菜をサラダのポジションに置いてもいい。葉物野菜中心のサラダより、根野菜がメインの温野菜はボリュームも食べごたえも十分。何より「野菜も肉もしっかり摂取できた」という充足感がいい。それでいて、カロリーは582kcalと通常の牛丼並盛の669kcalより低いのだから驚きだ。吉野家によると、ベジ丼シリーズを注文する客の65%がこの「ベジ牛」をチョイスするのだという。

「豆腐ぶっかけ飯」「麦とろ牛皿御膳」…健康メニューが続々

朝食メニュー「豆腐ぶっかけ飯~鯛だし味~」(並盛290円)
[画像のクリックで拡大表示]

 吉野家は、ベジ丼シリーズを発売した後も、健康メニューを次々と送り出している。健康商品第2弾として、昨年6月からは朝食メニュー「豆腐ぶっかけ飯~鯛だし味~」と「鶏そぼろ飯」がスタートした。豆腐ぶっかけ飯が423kcal、鶏そぼろ飯が431kcalといずれも低カロリーである(いずれも並盛のデータ)。

 「豆腐ぶっかけ飯」は、軽く砕いた豆腐、鰹節にネギ、揚げ玉がトッピングされ、鯛からとっただし「鯛だし」がかかっている。鯛の旨みと風味がほんのり感じられる上品な味わいだ。牛丼の“つゆだく”よりやや多め、お茶漬けより少なめの鯛だしがかかった「豆腐ぶっかけ飯」は、さらさらと食べやすく、食欲の減少するこれからの季節の朝食におすすめだ。肉が使用されていないが、食べごたえもあり満足度が高い。

 一方の「鶏そぼろ飯」は、ご飯の上に生姜が効いた甘辛い醤油ベースのタレで味付けた鶏そぼろと青ねぎが盛られている。全体的にあっさりと仕上げてあるので、軽く肉が食べたい朝のご飯としてはちょうどいいボリューム。いずれも味噌汁と玉子焼き1切れで、並盛り290円とヘルシーかつリーズナブル。

夏限定の「麦とろ牛皿御膳」(並盛580円)。カロリーは658kcal(並盛)。今年は6月2日から販売している。味は昨年と同じだが、滋養強壮効果が期待できる健康成分「ジオスゲニン」を配合した。ジオスゲニンは山芋にわずかに含れてるが、今年から、含有量が多い「懐山芋」から別途抽出して配合したという
[画像のクリックで拡大表示]

 そして、健康商品第3弾として登場したのが「麦とろ牛皿御膳」「麦とろ鰻皿御膳」だ。前者のメインは牛皿と山芋を荒めにすりおろして青のりを振りかけた「とろろ」。ご飯には食物繊維が豊富な押し麦がブレンドされている。山芋はご存じの通り、滋養強壮や疲労回復に効果があると言われる健康食材。男性ホルモンの分泌を促す効果もあると言われている。オクラも、ネバネバ成分がコレステロールを抑えてくれるスグレモノ。便秘改善効果も期待できる。

 大麦から摂れる水溶性食物繊維のβ-グルカンは、話題の“腸活”にも効く今注目の健康成分だ。β-グルカンには、食後の血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを低下させたりといった、ビジネスパーソンに嬉しい数々の効用がある。「1日1食“大麦入りご飯”で、腸内環境改善、メタボ対策」の記事で触れているように、大麦を1食食べると、その次の食事での血糖値上昇や食欲を抑える効果もあることが明らかになっている。そんな大麦を外食で手軽に摂れるのはありがたい。とろろは塩と醤油で軽く味付けられているので、麦飯にとろろをかけてそのまま食べてもいい。もちろん牛皿の肉を載せて食べてもいい。プチプチとした麦めしは、噛む回数が増えるので、満腹感が感じられる。

 健康成分が豊富なことはもちろん、カロリーも控えめだ。「麦とろ牛皿御膳のカロリーは658kcal(並盛)と、牛丼並盛より低くなっています。ここにはこだわりました」(鵜澤氏)。

 この麦とろ牛皿御膳、昨年は7月から約2カ月限定で販売したところ、累計500万食を販売する大ヒット商品となった。今年は6月2日に発売を開始した。今年の販売終了時期はまだ未定だが、9月中旬くらいまで販売する予定だという。