日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~  > 吉野家なのに肉がない!? 野菜たっぷりヘルシーメニューに潜む狙いとは  > 4ページ
印刷

話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~

吉野家なのに肉がない!? 野菜たっぷりヘルシーメニューに潜む狙いとは

野菜の1日の必要量の半分を1杯の丼で! ケルセチンでさらにヘルシー

 永浜敬子=ライター

「豆腐ぶっかけ飯」「麦とろ牛皿御膳」…健康メニューが続々

朝食メニュー「豆腐ぶっかけ飯~鯛だし味~」(並盛290円)
[画像のクリックで拡大表示]

 吉野家は、ベジ丼シリーズを発売した後も、健康メニューを次々と送り出している。健康商品第2弾として、昨年6月からは朝食メニュー「豆腐ぶっかけ飯~鯛だし味~」と「鶏そぼろ飯」がスタートした。豆腐ぶっかけ飯が423kcal、鶏そぼろ飯が431kcalといずれも低カロリーである(いずれも並盛のデータ)。

 「豆腐ぶっかけ飯」は、軽く砕いた豆腐、鰹節にネギ、揚げ玉がトッピングされ、鯛からとっただし「鯛だし」がかかっている。鯛の旨みと風味がほんのり感じられる上品な味わいだ。牛丼の“つゆだく”よりやや多め、お茶漬けより少なめの鯛だしがかかった「豆腐ぶっかけ飯」は、さらさらと食べやすく、食欲の減少するこれからの季節の朝食におすすめだ。肉が使用されていないが、食べごたえもあり満足度が高い。

 一方の「鶏そぼろ飯」は、ご飯の上に生姜が効いた甘辛い醤油ベースのタレで味付けた鶏そぼろと青ねぎが盛られている。全体的にあっさりと仕上げてあるので、軽く肉が食べたい朝のご飯としてはちょうどいいボリューム。いずれも味噌汁と玉子焼き1切れで、並盛り290円とヘルシーかつリーズナブル。

夏限定の「麦とろ牛皿御膳」(並盛580円)。カロリーは658kcal(並盛)。今年は6月2日から販売している。味は昨年と同じだが、滋養強壮効果が期待できる健康成分「ジオスゲニン」を配合した。ジオスゲニンは山芋にわずかに含れてるが、今年から、含有量が多い「懐山芋」から別途抽出して配合したという
[画像のクリックで拡大表示]

 そして、健康商品第3弾として登場したのが「麦とろ牛皿御膳」「麦とろ鰻皿御膳」だ。前者のメインは牛皿と山芋を荒めにすりおろして青のりを振りかけた「とろろ」。ご飯には食物繊維が豊富な押し麦がブレンドされている。山芋はご存じの通り、滋養強壮や疲労回復に効果があると言われる健康食材。男性ホルモンの分泌を促す効果もあると言われている。オクラも、ネバネバ成分がコレステロールを抑えてくれるスグレモノ。便秘改善効果も期待できる。

 大麦から摂れる水溶性食物繊維のβ-グルカンは、話題の“腸活”にも効く今注目の健康成分だ。β-グルカンには、食後の血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを低下させたりといった、ビジネスパーソンに嬉しい数々の効用がある。「1日1食“大麦入りご飯”で、腸内環境改善、メタボ対策」の記事で触れているように、大麦を1食食べると、その次の食事での血糖値上昇や食欲を抑える効果もあることが明らかになっている。そんな大麦を外食で手軽に摂れるのはありがたい。とろろは塩と醤油で軽く味付けられているので、麦飯にとろろをかけてそのまま食べてもいい。もちろん牛皿の肉を載せて食べてもいい。プチプチとした麦めしは、噛む回数が増えるので、満腹感が感じられる。

 健康成分が豊富なことはもちろん、カロリーも控えめだ。「麦とろ牛皿御膳のカロリーは658kcal(並盛)と、牛丼並盛より低くなっています。ここにはこだわりました」(鵜澤氏)。

 この麦とろ牛皿御膳、昨年は7月から約2カ月限定で販売したところ、累計500万食を販売する大ヒット商品となった。今年は6月2日に発売を開始した。今年の販売終了時期はまだ未定だが、9月中旬くらいまで販売する予定だという。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.