日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~  > “はなまるうどん”が健康、美容に熱心に取り組むワケ  > 4ページ
印刷

話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~

“はなまるうどん”が健康、美容に熱心に取り組むワケ

食物繊維、カロリーオフ天ぷら、糖質0g麺、アスタキサンチン…加速する健康志向

 永浜敬子=ライター

糖質0gの麺にアスタキサンチン、カロリーはたった203kcal

 さらに今年の春にも期間限定の健康メニューを複数投入した。3月末からは、女性層をターゲットにした「おいしく食べてキレイになるメニュー第一弾」として「ベジスープうどん」と「塩麹根菜スープうどん」を発売した(いずれも現在は販売終了)。

 4月半ばからは、第二弾として「食べる美容8品目入りサラダ麺」を発売した(6月初旬に販売終了)。三橋氏は「これまでの“健康志向”を一歩進めて、“美容”に取り組みました」話す。このメニューでは、紀文食品とのコラボレーションで、紀文食品が開発したおからとこんにゃくで作った「糖質0g麺」を使用している。「糖質0g麺」は、フィットチーネ のような平べったく薄い形状で、こんにゃくのような歯ごたえで、つるつるとのどをすべる。一般のこんにゃく麺のようなこんにゃく特有の匂いは感じられない。

4月に発売した「食べる美容8品目入りサラダ麺」
[画像のクリックで拡大表示]

 ドレッシングには、天然の色素でカロテノイドの一種である「アスタキサンチン」を配合している。サケやイクラ、エビ、カニなどに含まれる赤い色素で、強い抗酸化作用があるのが特徴。紫外線に当たったときや激しい運動、強いストレス、喫煙などで増える活性酸素による細胞の酸化を弱めたり、除去する働きを持っている。抗酸化作用がある成分はいくつかあるが、その中でも今最も注目されているものの一つがアスタキサンチンだ。サプリや化粧品では、アスタキサンチンを含んだ商品がすでに多数販売されている。

 このメニューには、レタス、ニンジン、大根、パプリカ、オクラ、揚げゴボウ、鶏ささみがたっぷり入る。アスタキサンチン入りバルサミコ酢ドレッシングは、一見、辛そうな赤い色をしているが、アスタキサンチン自体は無味無臭なので、バルサミコの香りと爽やかな酸味のすっきりとした味わいとなっている。ドレッシングを含めても203kcalという超低カロリーメニューとなっている。

 「食べる美容8品目入りサラダ麺」の評判はどうだったのだろうか。はなまるの広報によると、「店舗にもよりますが、この『糖質0g麺』を目的に来店される人が多くいた」そうだ。特に、都心部を中心によく売れた店が出たという。今後は、各店舗からヒアリングを行った上で、「糖質0g麺」を選択できるという形も検討していくという。

 なお、「おいしく食べてキレイになるメニュー第二弾」では、ほかにも、従来のうどんを使った「塩麹入り塩豚レモンサラダうどん」「温玉シーザーサラダうどん」がある。こちらは6月以降も継続販売する。ドレッシングは「焙煎胡麻」「生姜と玉葱」「シーザードレッシング」の3種類から選べて415~458kcalとカロリー控えめ。これから夏を迎え、食欲が落ちる季節がやってくる。野菜もたっぷり摂取できて、食べやすいサラダうどんは、夏の健康維持にも役立つヘルシーフードだ。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.