日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~  > 「餃子の王将」が驚きの新店舗! 新展開の裏側を直撃
印刷

話題の健康レストラン~罪悪感なくおいしいものを食べる~

「餃子の王将」が驚きの新店舗! 新展開の裏側を直撃

“女性向け”新店舗を京都のど真中に出店、2号店は満を持して都心に

 永浜敬子=ライター

王将、はなまる…外食チェーンで罪悪感なくおいしいものを

「外食ばっかりじゃカラダに悪い」と言われたのは昔の話。消費者の健康意識の高まりや女性客の取り込みをねらって、「健康を意識したメニュー」を出す外食店が増えている。我々利用者側としても、家の外で“罪悪感なく”おいしいものを食べられるのはありがたい。特に注目なのが、多くの人がお世話になっている外食チェーン店の動きだ。特集では、積極的に健康メニューに取り組む外食チェーン店を取り上げる。気になる店、メニューがあったら、ぜひ一度訪れてほしい。

 「外食ばっかりじゃカラダに悪いよ」――。こんな風に言われたことがある人(特に男性)は多いだろう。実際、外食だと野菜が十分に摂れなかったりと、バランスのいい食事を摂るのが難しいことが多い。

 しかし、ここ数年で状況は変わりつつある。バランスのいい“健康”に配慮したメニュー、低糖質、低カロリーメニューを充実させた店が増えている。これは「自然食レストラン」などの特別な店の話ではない。「餃子の王将」「はなまるうどん」「吉野家」――。多くの街にある、身近でいつもお世話になっているチェーン店が積極的に健康志向を進めており、バランスのいい食事がいつでも摂れるようになっているのだ

 しかも、各社は“おいしさ”に最大限の努力を払っている。外食の世界では、いくらカラダに優しくても、おいしくないメニューは決して売れない。多くの人にとって、わざわざ外食するのは「おいしいものを食べたいから」。だからこそおいしさにはこだわる。

 我々利用者側としても、家の外で“罪悪感なく”おいしいものを食べられるのはありがたい限りだ。この特集では、積極的に健康メニューに取り組む外食チェーン店を取り上げる。

 初回となる今回は、男性のハートをがっちりつかんできた関西の雄「餃子の王将」のユニークな試みを紹介する。

京都・烏丸御池に3月に開店した「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」。「餃子の王将」の新業態だ。ロゴも一新。「王将はメニュー開発や店舗の運営など、店長の裁量権が大きい。当店もここだけにしかないメニューやサービスを充実させていきたい」と松田信幸店長。
[画像のクリックで拡大表示]

「餃子の王将」というとボリュームたっぷりのイメージ

 男性の「がっつり派」を中心に支持を集めている中華料理チェーンの「餃子の王将」(運営は王将フードサービス)。王将というと、定番の餃子をはじめ、ラーメン、チャーハン(焼めし)といった具合に、ボリュームたっぷりの定番の中華メニューが売り。店長に自由裁量権があるので、店舗によってメニューや雰囲気が異なる。皿洗い30分すれば、無料で食事ができる京都の出町店など、ユニークなサービスを設けている店舗もある。学生時代や若い頃にお世話になったビジネスパーソンも少なくないはずだ。

 特に、その発祥地でもある京都などでは“ソウルフード”的な位置づけになっており、京都生まれの筆者は、昔からなじみ深いチェーン店だ。京都で開催される同窓会の締めは必ず王将で昔話に花を咲かせるのが常。東京在住になった今も、ときおり王将の餃子が食べたくなる。

 やはり王将の魅力はその味とボリュームにあると言ってもいいだろう。チャーハンとラーメン、から揚げのセットといったセットメニューも充実している。こういったメニューは、最近話題のローカーボ(低糖質)と逆行するように炭水化物が多く、油分も多い。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.