日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 仕事に役立つメンタルトレーニング  > 結果を出す人は独り言が違う!一流選手に学ぶ“プラス思考”法
印刷

仕事に役立つメンタルトレーニング

結果を出す人は独り言が違う!一流選手に学ぶ“プラス思考”法

ポジティブな“自己暗示”でプレッシャーから解放されるコツ

 西門和美=フリーライター

 あなたが、野球の3割打者だとして自分がバッターボックスに立っているシーンをイメージしてみよう。1打席目も2打席目も打つことができなかった。その状況であなたはどのような心境になるだろうか。
 重要な場面で容赦なく心を襲ってくるプレッシャー。その原因の多くは「結果を出せなかったらどうしよう」「前回のように失敗しないか心配だ」「ミスをして怒られるのが怖い」といったマイナス思考だ。今回は、そんなマイナス思考にとらわれずプレッシャーに打ち勝つため、一流のスポーツ選手たちが実践しているセルフコントロール術を東海大学体育学部教授の高妻容一さんに教えていただく。

メンタル面が弱い人の思考パターンとは

過去を悔やむのではなく、ポジティブな未来をイメージしてプラス思考になるほうが、良い結果につながりやすい(©strangerview 123-rf)

 あなたは肝心なプレゼンや大事な仕事などを前にして「結果を出せなかったらどうしよう」とプレッシャーを感じることはないだろうか。

 「正念場を前にして浮かび上がったマイナス思考は、次第に増大して心身を狂わせるような悩ましいプレッシャーとなることがあります。いったん悩み始めると、不安や恐れがさらに強くなるため、呼吸が乱れたり集中力が低下したりとコンディションが悪化。その結果、ミスを招くなどしてマイナス思考にますます拍車がかかり、悪循環へと陥っていくのです」と、東海大学体育学部教授の高妻容一さん。

 そんな状況を回避して良好な心理状態を保つために、効果的なのはプラス思考になること。ただし、人の心は「変えよう」と思うだけで簡単に変えられるものではない。

 そこでおすすめしたいのは、行動を変えることでプラス思考へと導くこと。行動を変えることよって意図的に、思考にも変化をもたらすことができるのだ。

 「メンタルが弱い人は過去を引きずりがち。自分にはコントロールできないようなことにまで思いを巡らせ、マイナス思考に陥ってしまうのです」と、高妻さん。

 例として、冒頭でも挙げたように、3割打者である自分がバッターボックスに立っているシーンをイメージしてみよう。1打席目では打つことができなかった。その状況でどのような心境になるだろうか。

 マイナス思考の人は、1打席目の失敗を悔やんで「あと2打席しかチャンスがない!」とプレッシャーを強めてしまう。さらに2打席目でも失敗を重ねようものなら「あと1打席しかない!」と緊張でガチガチに。心理的にも呪縛され、本来であれば勝てるような試合も勝てなくなってしまうだろう。

 しかし、プラス思考の人は違う。3割打者ということは、3打席のうち1度は打てる可能性が高いということ。1打席目で失敗したとしても「残り2打席のいずれかで打てる!」「むしろ、1打席目よりも打てる確率は高い!」と前向きさを保つことができる。さらに2打席目で失敗したとしても「次は打てる!」「次こそ最も打てる可能性が高い!」というポジティブな気持ちで勝負に臨むことができるだろう。

1打席目、2打席目で打つことができなかった3割打者の場合

マイナス思考の場合…「あと1打席しかチャンスがない」

プラス思考の場合…「次こそ最も打てる可能性が高い!」

 「すでに失敗してしまった1打席目を後悔したところで、その結果はコントロール不能。いつまでも思い悩んでマイナス思考に陥っていては、さらに悪い結果を招いてしまう。過去を悔やむのではなく、ポジティブな未来をイメージしてプラス思考になるほうが、良い結果につながりやすいのです」(高妻さん)。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.