日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 仕事に役立つメンタルトレーニング  > 結果を出す人は独り言が違う!一流選手に学ぶ“プラス思考”法
印刷

仕事に役立つメンタルトレーニング

結果を出す人は独り言が違う!一流選手に学ぶ“プラス思考”法

ポジティブな“自己暗示”でプレッシャーから解放されるコツ

 西門和美=フリーライター

 あなたが、野球の3割打者だとして自分がバッターボックスに立っているシーンをイメージしてみよう。1打席目も2打席目も打つことができなかった。その状況であなたはどのような心境になるだろうか。
 重要な場面で容赦なく心を襲ってくるプレッシャー。その原因の多くは「結果を出せなかったらどうしよう」「前回のように失敗しないか心配だ」「ミスをして怒られるのが怖い」といったマイナス思考だ。今回は、そんなマイナス思考にとらわれずプレッシャーに打ち勝つため、一流のスポーツ選手たちが実践しているセルフコントロール術を東海大学体育学部教授の高妻容一さんに教えていただく。

メンタル面が弱い人の思考パターンとは

過去を悔やむのではなく、ポジティブな未来をイメージしてプラス思考になるほうが、良い結果につながりやすい(©strangerview 123-rf)

 あなたは肝心なプレゼンや大事な仕事などを前にして「結果を出せなかったらどうしよう」とプレッシャーを感じることはないだろうか。

 「正念場を前にして浮かび上がったマイナス思考は、次第に増大して心身を狂わせるような悩ましいプレッシャーとなることがあります。いったん悩み始めると、不安や恐れがさらに強くなるため、呼吸が乱れたり集中力が低下したりとコンディションが悪化。その結果、ミスを招くなどしてマイナス思考にますます拍車がかかり、悪循環へと陥っていくのです」と、東海大学体育学部教授の高妻容一さん。

 そんな状況を回避して良好な心理状態を保つために、効果的なのはプラス思考になること。ただし、人の心は「変えよう」と思うだけで簡単に変えられるものではない。

 そこでおすすめしたいのは、行動を変えることでプラス思考へと導くこと。行動を変えることよって意図的に、思考にも変化をもたらすことができるのだ。

 「メンタルが弱い人は過去を引きずりがち。自分にはコントロールできないようなことにまで思いを巡らせ、マイナス思考に陥ってしまうのです」と、高妻さん。

 例として、冒頭でも挙げたように、3割打者である自分がバッターボックスに立っているシーンをイメージしてみよう。1打席目では打つことができなかった。その状況でどのような心境になるだろうか。

 マイナス思考の人は、1打席目の失敗を悔やんで「あと2打席しかチャンスがない!」とプレッシャーを強めてしまう。さらに2打席目でも失敗を重ねようものなら「あと1打席しかない!」と緊張でガチガチに。心理的にも呪縛され、本来であれば勝てるような試合も勝てなくなってしまうだろう。

 しかし、プラス思考の人は違う。3割打者ということは、3打席のうち1度は打てる可能性が高いということ。1打席目で失敗したとしても「残り2打席のいずれかで打てる!」「むしろ、1打席目よりも打てる確率は高い!」と前向きさを保つことができる。さらに2打席目で失敗したとしても「次は打てる!」「次こそ最も打てる可能性が高い!」というポジティブな気持ちで勝負に臨むことができるだろう。

1打席目、2打席目で打つことができなかった3割打者の場合

マイナス思考の場合…「あと1打席しかチャンスがない」

プラス思考の場合…「次こそ最も打てる可能性が高い!」

 「すでに失敗してしまった1打席目を後悔したところで、その結果はコントロール不能。いつまでも思い悩んでマイナス思考に陥っていては、さらに悪い結果を招いてしまう。過去を悔やむのではなく、ポジティブな未来をイメージしてプラス思考になるほうが、良い結果につながりやすいのです」(高妻さん)。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.