日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 仕事に役立つメンタルトレーニング  > オリンピック選手も実践する体を使った心理テクで、沈んだ気持ちを上向きに  > 2ページ
印刷

仕事に役立つメンタルトレーニング

オリンピック選手も実践する体を使った心理テクで、沈んだ気持ちを上向きに

“サイキングアップ”で気持ちを鼓舞して勝負に強くなる!

 西門和美=フリーライター

2. 体を使ったゲームを行う

 2人1組になって、ボクシングゲームや肩タッチゲーム、プッシュゲームを各10秒ずつ行って心拍数を上げ集中力を高める。さらに、あっち向いてホイなどでふざけながら遊ぶことでテンションを上げる。

 肩タッチゲームは、2人1組で向かい合い、直立の姿勢から、相手の肩をタッチしにいくゲーム。プッシュゲームは、やはり直立の姿勢で、足を固定したまま、相手の手のひらを押してバランスを崩させるゲームだ。ボクシングゲームをする際は、相手にパンチを当てないように。

肩タッチゲーム
2人1組で向かい合い、相手の肩をタッチしにいく
[画像のクリックで拡大表示]
プッシュゲーム
プッシュゲーム。直立の姿勢で足を固定したまま、相手の手のひらを押してバランスを崩させる。10秒行う。
[画像のクリックで拡大表示]

3. 周囲の人とハイタッチをする

 ハイタッチは、「ホイホイホイ」などと陽気な声を出してテンションを上げながら行うと、気分を高揚させることができる。


 普段からこうしたウォーミングアップを実践することは実力の底上げにも役に立つ。

 「スポーツの大事な試合や、仕事のプレゼンなどはもちろんのこと、普段の仕事や勉強、練習でも、やる気を高めた理想的なコンディションで行えば、自然とパフォーマンスは向上する。そうした体験を積み重ねるうち、加速度的に実力が伸びていくはずです」(高妻さん)。

 始めのうちは、これらのプログラムを、「どうすればやる気が出るのか」をつかむために実践してみるといい。トレーニングを重ねるうち次第に、そのポイントが実感をともなって把握できるようになっていく。そうすれば、心のバランスが乱れがちな大一番でも頼れるウォーミングアップとして、効力を発揮するようになるだろう。

(イラスト=島内美和子)

高妻容一(こうづま よういち)さん
東海大学体育学部教授
高妻容一(こうづま よういち)さん 1955年宮崎県生まれ。福岡大学体育学部体育学科卒業、中京大学大学院修士課程体育学研究科修了後、1985年フロリダ州立大学博士課程運動学習・スポーツ心理学専攻に4年半留学。1993年州立フロリダ大学へ1年間の研究留学。近畿大学教養部を経て、2000年より東海大学体育学部へ。現在、教授。2015年にも半年間、米国へ研究留学(IMGアカデミー、オリンピックトレーニングセンター、フロリダ大学、大リーグのチーム等)。1985~2001年日本オリンピック委員会のメンタルマネジメント研究班員。1994年から日本メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会をスタートし、事務局・代表を務める。東海大学スポーツサポート研究会メンタルトレーニング部門担当。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.