日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 仕事に役立つメンタルトレーニング  > 五郎丸ポーズ、イチローのカレー…大一番で“いつもの力”を発揮するコツ  > 2ページ目
印刷

仕事に役立つメンタルトレーニング

五郎丸ポーズ、イチローのカレー…大一番で“いつもの力”を発揮するコツ

プレッシャーで折れない心のカギ“ルーティン”を味方につける

 西門和美=フリーライター

五郎丸選手やイチロー選手も実践するルーティンの効果

 ラグビー日本代表の五郎丸歩選手もまた、独自のパフォーマンスによって結果を出したとして注目を集めた人物。キック前に行われる、いわゆる “五郎丸ポーズ” は大きな話題となった。

 しかしこのポーズも、スポーツ心理学者のもとで調整を重ね、メンタル面強化のために構築されたルーティンのほんの一部。「重要なのはポーズをとることではなく、ポーズも含めた一連のルーティンを日々積み重ねること。こうしたルーティンが功を奏し、練習の成果をコンスタントに発揮できるのでしょう」(高妻さん)。

 実際に五郎丸選手が行っているルーティンは、①ボールを2回転させてセットする②手を合わせてボールが飛んでいく様子をイメージする(五郎丸ポーズに該当)③後ろに3歩④左に2歩⑤助走8歩でボールを蹴る、という内容だといわれている。

 この流れを毎日の練習でも繰り返しているからこそ、試合のプレッシャーの中でも普段通りの心身を保ち、結果を出すことができるのだ。

 「キック前の行動をパターン化することで、一定のリズムが生まれる。そのリズムを毎回体感していれば、緊張状態にあっても意識をリズムへと集中させられるはず。そうすれば、ネガティブ思考などの邪念から解放されて“いつもの力”を出せるから、キックの精度も上がるのです」と高妻さん。

 これは、近年Googleなど多くの企業でも実践されている「マインドフルネス」という瞑想法にも通じている(マインドフルネスの詳細は「ジョブズ、琴奨菊も実践!「マインドフルネス」ってどんな効果があるの?」をご覧ください)。「自分が今やっていることや、自分の今の状態に意識を集中させることで、心の柔軟性を保つことができます。そうすれば、今の自分にとって何が重要なのかを理解し、集中力を高めて的確なパフォーマンスができるようになるのです」(高妻さん)。

究極は生活のあらゆる行動のルーティン化!?

イチロー選手の毎朝カレーを食べる習慣は、ルーティンの究極形ともいえる(©adirek kata 123-rf)

 ルーティンの究極の形は、勝負前に行う一連の動作だけではなく、24時間を通した一連のライフスタイルにおいて実践することかもしれない。

 野球のイチロー選手が、毎日同じようにカレーを食べ続けていたエピソードは有名だ。彼は試合前や練習前のプログラムだけでなく、食事をはじめとする生活のあらゆる行動をルーティン化しているといわれている。

 まさに、一事が万事。絶え間ないルーティンによって心身を安定させれば、どんな窮地でも“いつもの力”を発揮できるということを覚えておこう。

■ベストパフォーマンスを発揮する方法に関する人気記事
・ジョブズ、琴奨菊も実践!「マインドフルネス」ってどんな効果があるの?
・「苦しいときほど〇〇」 スポーツ心理学者が明かすプレッシャーに強い人の共通点

高妻容一(こうづま よういち)さん
東海大学体育学部教授
高妻容一(こうづま よういち)さん

1955年宮崎県生まれ。福岡大学体育学部体育学科卒業、中京大学大学院修士課程体育学研究科修了後、1985年フロリダ州立大学博士課程運動学習・スポーツ心理学専攻に4年半留学。1993年州立フロリダ大学へ1年間の研究留学。近畿大学教養部を経て、2000年より東海大学体育学部へ。現在、教授。2015年にも半年間、米国へ研究留学(IMGアカデミー、オリンピックトレーニングセンター、フロリダ大学、大リーグのチーム等)。1985~2001年日本オリンピック委員会のメンタルマネジメント研究班員。1994年から日本メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会をスタートし、事務局・代表を務める。東海大学スポーツサポート研究会メンタルトレーニング部門担当。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.