日経グッデイ

注目の食材「スーパー大麦」

注目の大麦に強力なニューフェース

「スーパー大麦」は大腸の奥まで届き、腸内環境を整える

 武田京子=フリーライター

スーパーで品薄になるなど、今、健康食材として熱い視線を集めている大麦。腸の中で発酵し、有用菌のエサになる水溶性食物繊維β-グルカンが、ほかの穀物に比べて豊富なのが特徴だ。そんな大麦の中に、水溶性食物繊維だけでなく、第三の食物繊維といわれる「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」を多く含む、“スーパー大麦”があるという。“スーパー大麦”は、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、レジスタントスターチが組み合わさったコンプレックス構造で、食物繊維を大腸の奥まで届けることができる。大腸の奥の細菌叢(腸内フローラ)に役立つ“スーパー大麦”とは、どんなものなのか。

腸の健康に欠かせない食物繊維

[画像のクリックで拡大表示]

 最近、健康の要として注目されている腸。各国の研究で、腸の健康が全身の様々な病気や不調と関わりが深いことが明らかになっている。

 そうした腸の健康に大きく関わることが多くの研究から解明されつつあり、改めて専門家からも注目を集めているのが、食物繊維だ。食物繊維には腸内細菌のエサになって、多様な機能性を発揮する水溶性食物繊維と、便の量を増す不溶性食物繊維がある。

 「水溶性食物繊維は主に小腸から大腸の上部にいる腸内細菌のエサになる。不溶性でありながら、水溶性食物繊維のような働きをするものもある。それがレジスタントスターチだ。これは大腸でゆっくり発酵し、そこにすむ腸内細菌のエサになる(発酵する)という性質を持つ」と話すのは、帝京平成大学健康メディカル学部の松井輝明教授。

 この点に注目したオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)は、レジスタントスターチを多く含む“スーパー大麦”とも呼べる品種を開発した。 そもそも大麦自体、穀類の中でも食物繊維がダントツに多く、さらに水溶性と不溶性の量のバランスがいい(グラフ1)。スーパー大麦は、それに加えてレジスタントスターチが豊富なので、腸の健康に大きく貢献する穀物といえる。

グラフ1
主な穀類、野菜、果物 の食物繊維含有量 ※いずれも100g当たり
[画像のクリックで拡大表示]
食物繊維は、便の量を増やす「不溶性」と腸 で発酵して機能を発揮する「水溶性」の両者を バランスよくとるのが理想的。大麦は、食物繊維が豊富とされる野菜やキノコ、果物と比較 しても両者のバランスに優れ、含有量も多い。 ※いずれも100g当たり (データ:日本食品標準成分表2015年版)

4倍のレジスタントスターチを含むスーパー大麦

 実は、現代人の健康を揺るがしている要因の一つが、食物繊維の不足だ。日本人の平均摂取量は14gだが、1日にとるべき量は男性20g以上、女性18g以上。約4~6g足りない。

 そこで注目したいのが大麦。大麦なら主食として食物繊維を無理なくとることができる。

 日本健康・栄養食品協会の論文評価では、大麦β‐グルカンには、食後血糖値の上昇抑制や血中コレステロール値の正常化作用が認められると報告されている(データ:平成 24 年度 「食品の機能性評価事業」 結果報告)。

 大麦には水溶性食物繊維β-グルカンが豊富に含まれているが、CSIROが開発したスーパー大麦は、一般の大麦の2倍の水溶性食物繊維を含んでいる。しかも4倍ものレジスタントスターチが含まれる(グラフ2)のだから、大腸の奥の環境を整えるには大いに頼りになりそうだ。

グラフ2 スーパー大麦の食物繊維量
[画像のクリックで拡大表示]

 大腸は、小腸に続く大腸の上部から横行結腸などを経て、大腸の奥の下行結腸やS状結腸、直腸へと続く。実は、大腸の中でも腸内環境が悪化しやすいのが、下行結腸より先の大腸の奥だ(図1)。

図1 大腸の部位
[画像のクリックで拡大表示]

 「摂取した水溶性食物繊維のほとんどは小腸と大腸の上部にすんでいる腸内細菌で消費されてしまうため、大腸の奥にすむ有用菌が栄養不足になって元気がなくなり、たんぱく質と脂質を好物とする悪玉菌が優勢になりやすい。悪玉菌が活発に働くとインドールやフェノールなどの毒素を作り出すため、大腸の奥の腸内環境が悪化すると考えられる」と松井教授は説明する。

 腸の健康を守るには、「大腸の奥」に目を向けることが大切ということが分かってきたのだ。

 スーパー大麦のレジスタントスターチは、他の食物繊維とのコンプレックス構造になっているため、小腸では消費されにくく、大腸の奥まで届く。大腸の奥にいるビフィズス菌などの有用菌はレジスタントスターチをエサとし、酪酸、酢酸、プロピオン酸など「短鎖脂肪酸」を作り、大腸の奥を弱酸性にする。すると、アルカリ環境を好む悪玉菌が生育しにくい環境になるというわけだ。

 さらに、短鎖脂肪酸は腸管の細胞のエネルギー源としても使われるため、腸のバリア機能が高まるほか、消化管ホルモンであるインスリンの分泌を促す作用もある。

スーパー大麦で排便回数、排便量が増加、便中の毒素低減も

 実際、スーパー大麦を便秘気味の人18人に4週間食べてもらう試験で、このスーパー大麦の排便作用が確認されている。

 この試験を行った松井教授は、「スーパー大麦を食べなかったときに比べ、排便回数も(グラフ3)、排便量も増えた。また、糞便中の短鎖脂肪酸の割合や腸内細菌の種類を調べたところ、スーパー大麦を食べて2週間後に、腸内フローラの分布が大きく変わった(グラフ4)。これは、スーパー大麦により腸内環境が劇的に変化したことを表している」と話す。

グラフ3 スーパー大麦を食べると排便回数がアップ
20歳以上65歳未満の、排便回数が週3~5回の健康な男女18人にスーパー大麦を1日12~48g含む食品を毎日4週間食べてもらい、食べる前、2週目、4週目、食べ終えてから2週目の排便回数を見た。結果、スーパー大麦を食べていた2週目と4週目で排便回数が増加した。(データ:日本農芸化学会学術集会 2016年)
[画像のクリックで拡大表示]
グラフ4 スーパー大麦を食べると腸内フローラの分布が改善
20歳以上65歳未満の、排便回数が週3~5回の健康な男女18人にスーパー大麦を1日12~48g含む食品を毎日4週間食べてもらい、食べる前、2週目、4週目、食べ終えてから2週目の糞便中に含まれる細菌の種類を解析した。結果、スーパー大麦を食べている間は日和見菌ながら善玉菌と同様に有用な働きをするバクテロイデス(Bacteroides)の比率が増え、同じく日和見菌ながら悪玉菌と同様な働きをするクロストリジウム・サブクラスターXIVa(Clostridium subcluster XIVa)が減った。また、2週目では善玉菌のビフィズス菌(Bifidobacterium)の比率が増加した。(データ:同上)
[画像のクリックで拡大表示]

 この結果だけでスーパー大麦が大腸の奥に“効いている”のかどうかは分からない。この点について松井教授は、次のように話す。

 「スーパー大麦摂取後、腸の上部に生息する乳酸菌の変動が認められないこと、糞便中の毒性物質4-エチルフェノールの量が減ったこと。これは、大腸の奥にレジスタントスターチが届き、大腸奥に生息する善玉菌が活性化されたためと考えられる」(松井教授)。

 こうした毒素は、腸管から吸収されて全身に回り、肌にも関係しているという最近の知見もある。腸の健康は、全身の健康に大きく関わるのだ。

自前の有用菌にエサを与える“畑づくり”から

 「腸の健康に悪影響を及ぼす要因の一つがストレス。30~40歳代のストレスが多い働き盛りの人こそ、腸を元気にする“腸活”をしてほしい」(松井教授)。ヨーグルトなどでいい菌を食べて腸内環境を整えることは多くの人が実践しているだろう。だが松井教授は、その前にすべきことがあると指摘する。

 「いい菌を補給する前に、自前の有用な腸内細菌がスクスク育つ“畑”を耕すことが大切。それには、レジスタントスターチなどエサになる成分を含む食品を積極的にとって自前の菌を元気にすること。しっかり耕した後で善玉菌という“種”を外から補給すれば、善玉菌中心の腸内フローラができ上がるだろう」と松井教授。

 腸活は一朝一夕にはできない。「このような食品の場合、少なくとも4週間程度は摂取し続けてほしい。最初はお腹がゴロゴロすることがあるかもしれないが、2週間ほどたてば落ち着くはず」と松井教授はアドバイスする。

 オーストラリアではこのスーパー大麦が、食品として食べられている。

(取材・文/武田京子  撮影/スタジオキャスパー:麦イメージ、安部まゆみ:スーパー大麦 構成/黒住紗織:日経BP社 ヒット総合研究所)