日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > エースコック社長「体の半分は即席麺」でも健康。その秘けつは?  > 4ページ目
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

エースコック社長「体の半分は即席麺」でも健康。その秘けつは?

<特別編>危機を乗り越えてきた即席麺の歴史~エースコック 村岡寛社長インタビュー

 二村高史=フリーライター

競合関係抜きで 「健活コーナー」を展開

これだけ健康志向が盛り上がっているにもかかわらず、まだ販売店の店頭で健康志向の即席麺を見かけるチャンスが少ないように感じられるのですが。

いなげや東京・保谷町店の「健活コーナー」

村岡さん 健康志向のカップ麺のシェアは着実に伸びているとはいえ、全体から見れば微々たるもの。通常のカップ麺や、家庭で野菜や卵などの素材をプラスできる袋麺の売り上げには、まだまだ比べようがありません。

 しかし今後も業界で生き残るには、健康に敏感でしかもこれまであまり即席麺を食べてこなかった方々に買ってもらわなくてはなりません。そう考えれば、ミドル世代や女性をターゲットにした商品を開発して、健康志向のパイを拡大していく必要があるでしょう。

 そこでエースコックが販売店に提案しているのが、「健活コーナー」の設置です。

 考えてみれば、あまり体調が思わしくないという人や、そもそも即席麺を食べる習慣がないという人は、スーパーに行っても最初から即席麺コーナーに足を向けません。でも、体を気遣ってくれるようなコーナーがあって、そこに即席麺が置かれていたらどうでしょうか。「試してみよう」という気になっていただけるかもしれません。

  「健活コーナー」では、エースコックの名前を前面に出さずに、インスタント味噌汁やスープなど、即席麺以外の健康志向の食品も含めて棚をつくってもらうように働きかけています。競合関係抜きで、販売店にこうした売り場を作ってもらうのは、初めての試みだと思います。

 こうしたコーナーに足を運んでいただいて、「ああ、即席麺にも健康に気をつかった食品があるのか」と知ってほしいのです。健康を気にするけれども、ラーメンは大好きという人はたくさんいます。そうした方々にアピールできればと考えています。1回食べていただければ、必ずや満足いただけることでしょう。

 現在、「健活コーナー」は全国約60企業、1300店舗で展開しています。

「やり過ぎるくらいがちょうどいい」

エースコックの即席麺というと、1983年発売のわかめラーメンや、1988年に販売を開始した1.5倍のスーパーカップ、2001年のスープはるさめなど、他社がやっていない独自のさまざまな試みで成功しているという印象があります。これは、エースコックの社風と関係があるのでしょうか。

村岡さん エースコックの企業スローガンは「Cook happiness(クック・ハピネス) おいしい しあわせ つくりたい」です。つまり、お客様に喜ばれるものを作っていきたいという理念を持っているのです。そうした理念が根底にあるので、挑戦的に独自なものをつくりたいという社風が根付いています。私としても、社員には自由にやってもらっています。

 既存の商品と同じようなものを作ってもおもしろくありません。ちょっと行き過ぎくらいのものをつくって、はじめてオリジナルのものとなり、お客様に魅力を感じていただけるのではないかと思っています。やり過ぎるくらいがちょうどいいのです。

 そんなふうに考える理由の一つとして、本社を大阪に置いていることと関係があるかもしれません。

 なんといっても日本の中心は東京ですから、情報を集めるには東京にいるほうが有利です。もちろん、エースコックも東京に支店を置いて、販売店やお客様の情報を集めていますが、それでも他社にくらべて最新の情報収集には遅れがちというデメリットがあります。

 ですから、情報をもとに動いているだけでは、大阪にいる私たちは2番手、3番手になるしかありません。

 そうならないためにはどうすればよいかという答えが、自分たちで独自のものを開発していこうという戦略なのです。むしろ、やり過ぎるくらいにやらなければ、生き残れないと思うのです。

 ですから、社員のやっていることに私が余計な口を出したり、トップダウンで「こういう商品をつくれ」ということはしないように心がけています。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.