日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > 「女性向けカップヌードル」が成功した理由
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

「女性向けカップヌードル」が成功した理由

第5回 日清食品 「カップヌードルライトプラス」

 二村高史=フリーライター

2015年に発売した「カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ」。同時に「同バーニャカウダ」も発売した。今年3月に商品をリニューアル。その際、「海老のビスク」もラインアップに追加した

 日本が生んだ世界的な発明品「即席ラーメン」。多くの人に親しまれている大ヒット商品に今、「健康志向」という新しい波が起きている。特集では各社の健康志向への取り組みを紹介していく。今回登場するのは、グローバルブランド「カップヌードル」をはじめとして、即席麺業界を牽引する業界のパイオニア日清食品。

 日清食品の健康志向への取り組みは1997年からと早い。「カップヌードル」ブランドからも、2008年に「カップヌードルライト」、2015年に「カップヌードルライトプラス」を発売している。後者は、従来の商品とは一線を画した大胆なパッケージと個性的な味が特徴でヒット商品となった。同社の健康志向商品の取り組みとライトプラスの開発について、マーケティング部 第7グループ ブランドマネージャー佐橋育恵さんと広報部 次長の大口真永さんに話を聞いた。

20年近く前から「トクホ」のカップ麺

日清食品は最大手だけあって、数多くの即席めんがありますが、これまで健康志向の商品に対してはどのような取り組みをしてきたのですか。

日清食品の特定保健用食品のカップ麺「サイリウムヌードル」シリーズ。初代は1997年に発売。2013年9月にリニューアル

大口さん 20年近く前から健康志向の商品開発に取り組んできました。はっきりと健康を意識したカップ麺に、1997年に発売された「サイリウムヌードル」シリーズがあります。トクホ(特定保健用食品)の認定を受けており、オオバコの種皮から採れる食物繊維を麺に練り込んで、おなかの調子を整える効果があります。カロリーは約160kcalと通常のカップヌードルの半分で、現在も通販を中心に販売しています。最近では2013年にリニューアルしました。

 その後、高齢化や健康に対する意識の高まりに応えて開発したのが、2008年に全国発売を開始した「カップヌードルライト」(以下「ライト」)です。オリジナルの「カップヌードル」のおいしさはそのままに、カロリーを198kcalに抑えました(オリジナルのカップヌードルは353kcal)。

2008年に発売した「カップヌードルライト」。カロリーを198kcalに抑え、食物繊維を加えている

 ライトの麺は、小麦粉と小麦粉の層の間に食物繊維を練り込んだ三層構造になっていて、食物繊維が1食(53g)あたり10.2gと多く含まれています。

 カロリーを抑えるためにノンフライ麺を採用しましたが、工程の最後に油をシャワーのようにかけて高温で乾燥させる「ミスト・エアードライ製法」を採用することで、フライ麺特有の風味、旨みを再現しています。その後、シーフード、カレー、チリトマトなどの味がラインアップに加わりました。

女性層を十分に取り込めなかった

「ライト」がある一方で、2015年には「カップヌードルライトプラス」(以下「ライトプラス」)が登場しました。カロリーはやはり198kcalで、三層構造の麺、ミスト・エアードライ製法は同じですが、パッケージや味は大きくイメージチェンジをしています。その狙いはどこにあるのですか?

佐橋さん 「ライト」発売の際、ダイエットや健康に意識の高い女性を取り込んでいきたいという狙いがありました。実際、ふたを開けてみると、女性が増えてはいるのですが、期待したほどの数字にはなりませんでした

 通常のカップヌードルでは、購入者全体に対する女性の比率はほぼ50%。ただし、主婦が代理購入をしているケースが多いので、実際に食べている女性はもっと少ないと考えられます。

 これに対して「ライト」は、女性が多少増えたものの、コアの購入層は「生活習慣病は気になるけれども、カップヌードルの味が好きだ」という男性だったのです。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.