日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > これでスープを飲み干せる!「ストレスのない減塩」を実現した技術とは?
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

これでスープを飲み干せる!「ストレスのない減塩」を実現した技術とは?

第4回 エースコック「だしの旨みで減塩」、東洋水産「マルちゃん ホットヌードル 塩分オフ」

 二村高史=フリーライター

 日本が生んだ世界的な発明品「即席ラーメン」。多くの人に親しまれている大ヒット商品に今、「健康志向」という新しい波が起きている。特集では各社の健康志向への取り組みを紹介していく。
 今回登場するのは、「減塩」を大きな柱の一つに据えているエースコックと東洋水産の2社だ。「塩分控えめの薄味はおいしくない」という業界の“常識”に対して、両社はどのように立ち向かい、新商品を開発してきたのだろうか。前半ではエースコックの取り組みを、後半で東洋水産の取り組みを紹介する。

エースコックの「だしの旨みで減塩」シリーズ(写真左)と東洋水産の「マルちゃん ホットヌードル 塩分オフ」(写真右)。両社とも減塩を健康志向即席めんの主軸の一つに据える

       ◇          ◇          ◇

「塩分が気になるのでスープを残している」人が多かった

 2013年に「だしの旨みで減塩」シリーズを立ち上げたエースコック。同シリーズは、国立循環器病研究センターの「かるしお」認定を取得、さらに減塩の比率を40%オフに上げるなど、積極的に減塩を進めている。これまでの取り組みと開発における工夫を、マーケティング部 商品開発グループI サブグループマネージャーの兼子幸士さんにうかがった。

エースコックは、「スープはるさめ」や乳酸菌入りのカップスープなど、健康を意識した商品を数多くラインアップしています。最初はどのような取り組みから始まったのですか。

エースコックの「スープはるさめ」。女性に人気のシリーズだ

兼子さん 当社が健康を意識した最初の商品は、1983年に発売した「わかめラーメン」でした。高級即席めんがブームになっている時期でしたが、あえて健康感のある食材として認知されていたわかめに注目したのです。これはかなりのヒット商品となり、現在でも販売が続いています。

 本格的に健康志向のカップ麺に乗り出したのは、2013年3月に発売した「だしの旨みで減塩」シリーズです。当初は、「鶏炊きうどん」「小海老天そば」の2品目でしたが、現在は「中華そば」「丸鶏だし醤油ラーメン」「香味野菜タンメン」を加えた5品目がラインナップされています。

健康志向といっても、カロリーオフやノンオイル、ローカーボなどいろいろな方向があります。減塩を選んだのはどういった理由からですか。

兼子さん 減塩は昔からの課題であり、血圧を気にするシニア世代の方々からの要望もありました。「カップめんは好きなのだが、塩分が気になるのでスープを半分残している」という声を多くいただいていました。

 カロリーが気になるといっても、カップラーメンのカロリーは、せいぜい500~600kcalくらい、縦型カップなら300~400kcalくらいです。一般の食事に比べて、取りすぎを気にする数字ではありません。その点、やはり気になるのは塩分ということになるのでしょう。

 ただし、ラーメンのスープをおいしく減塩にするのは、技術的に難しかったのです。お客様としては、減塩のカップ麺を求めていたものの、あきらめていたというのが実情だったと思います。

 しかし、当社のスープ技術が進歩したことによって、今ならばおいしい減塩の即席めんを提供できると判断して、販売に踏み切ったのです。この商品のコンセプトは「だしの旨みで減塩」です。だしで減塩できるということは、以前から新聞やテレビでも紹介されていましたので、これをカップ麺でも応用できるのではないかと考えました。

 おいしくないと買ってもらえないのはもちろんですが、それ以前に「おいしそうに見える」ことが重要です。そのために、商品名に「だし」というキーワードを付け、パッケージにも印刷したわけです。

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.