日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > これでスープを飲み干せる!「ストレスのない減塩」を実現した技術とは?  > 2ページ目
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

これでスープを飲み干せる!「ストレスのない減塩」を実現した技術とは?

第4回 エースコック「だしの旨みで減塩」、東洋水産「マルちゃん ホットヌードル 塩分オフ」

 二村高史=フリーライター

最初25%オフだった減塩が、今は40%オフに

実際に発売した後の評判はどうだったのですか。

兼子さん お客様からは、「減塩とは思えないほどおいしい」という評判を多数いただいています。また、絶え間なくスープの改良を加えており、発売当初は25%減塩でしたが、それが30%となり、現在では40%となりました

 ほかの商品は年に1回リニューアルが一般的ですが、この商品は1年に2回。そのたびにパッケージも変えなくてはならないので、忙しくてうれしい悲鳴を上げています。リニューアルごとに、おいしさも向上しています。実は、当社の営業が、味のプロであるスーパーマーケットのバイヤーさんに、減塩と言わずに試食してもらったことがあります。感想は、「普通においしい」という評価。そこで営業マンが減塩のカップ麺であることを告げると、「えっ!」と驚かれたということがありました。減塩ということを意識しなくても、おいしく食べられることが証明されました。

 このシリーズの売上高自体はまだまだ小さいのですが、量販店の売り上げは毎年20%ずつ右肩上がりで伸びています。一般的なカップ麺は、発売から時間が経つと徐々に落ちていくのが普通ですが、この商品はそうではありません。テレビCMなしでこの数字は、私たちも驚いています。

 ただし、コンビニやスーパーなどの販売店では、棚に並べてもらうまでが大変です。最近になって、売り上げが伸びて認知度が進んできたので、徐々に棚に並べてもらえるようになりました。

「だしの旨みで減塩」シリーズは、国立循環器病研究センターの「かるしお」認定を取得していますね。

エースコックの「だしの旨みで減塩」シリーズは、国立循環器病研究センターの「かるしお」認定を取得している

兼子さん 公的機関のお墨付きを得て、プロモーションにつなげたいという気持ちはありましたが、同時に「健康を打ち出してお客様に販売する以上、きちんとしたエビデンスを示したほうがいい」と以前から考えていました。

 そんなとき、国立循環器病研究センターが、食生活改善の啓発を目的として2014年に「かるしお認定制度」を開始したという話を耳にしました。これは、企業から申請のあった商品に対して、国立循環器病研究センターが審査をして、基準を満たしている商品に「かるしおマーク」の表示を認めるという制度です。

 この審査では、「減塩率30%以上」に加えて、「味がおいしいかどうか」の厳しい官能検査が行われます。「いくら塩分が少なくても、おいしくなくては意味がない」「ストレスのない減塩が大切」というのが、国立循環器病研究センターの考え方であり、私たちも大きく共感するところがありました。

 この認定制度に応募したところ、2015年に加工食品の第一号として認定され、商品名も「かるしお認定 だしの旨みで減塩」と改称したのです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.