日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > “こってり”なのに健康志向! メタボ社員が作った「ローカーボ」カップ麺  > 2ページ目
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

“こってり”なのに健康志向! メタボ社員が作った「ローカーボ」カップ麺

第3回 明星食品「低糖質麺シリーズ はじめ屋」「ローカーボNoodles」

 二村高史=フリーライター

ノンフライカップ麺に比べて、糖質を50%以上オフ

ローカーボ(低糖質)で、2シリーズを同時展開されているのですね。

マーケティング本部 マーケティング部 第一グループ ブランドマネージャーの八木義之さん
マーケティング本部 マーケティング部 第一グループ ブランドマネージャーの八木義之さん
[画像のクリックで拡大表示]

八木さん 「はじめ屋」は街のラーメン屋を意識した商品です。こってりとした濃厚な味わいで、ラーメン屋に行くのが好きなミドル世代の男性を主なターゲットにしています。これに対して「ローカーボNoodles」は、サイズが小さく、スナック感覚で手軽に食べていただける商品です。特に、30代から50代の健康を気にする女性を意識しています。

 1食あたりの糖質は、「はじめ屋」の「こってり醤油豚骨味」が22.9g、「こってり鶏白湯味」が23.6g。「ローカーボNoodle」の「コンソメ味」が13.5g、「塩バジル味」が13.1gです。

 どの商品も糖質は、一般的なノンフライカップ麺に比べて50%以上オフ※になります。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、中華スタイル即席カップめん(非油揚げ)との比較(100g当たり)

検診でメタボと指摘され、ローカーボを初めて知る

他社では減塩、オイルフリーなどの商品を出していますが、なぜ明星食品では低糖質を選んだのでしょうか。

マーケティング本部 マーケティング部 第一グループ 課長の新田真一さん
マーケティング本部 マーケティング部 第一グループ 課長の新田真一さん
[画像のクリックで拡大表示]

新田さん きっかけの一つに、私の個人的な体験があります。私は、小さいときからラーメン好きだったのですが、運動不足もあって、30歳を過ぎてから健康診断で中性脂肪が高いことを指摘され、炭水化物の過剰摂取が原因で、食生活を指導されるようになってしまったのです。

 恥ずかしながら、そこで初めてローカーボ(低糖質)について知りました。糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたもので、糖質を摂りすぎるとそれが体内で中性脂肪に変化し、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まるといった知見があります。40代を過ぎると糖尿病患者やその予備軍の数は増える一方だという、今の日本の現状も初めて知りました。

 今のミドル世代以上の方々は、カップ麺とともに育ってきたといっても過言ではない世代です。いろいろと調べてみると、生活習慣病のために食事を制限されている方も多く、「それならば、自分も含めて、そういう人たちが食べてもいいカップラーメンを作れないか」と思い企画を進めました。

 同時に、世の中では「カップ麺は不健康」という思い込みがあるので、カップ麺ファンの一人として「健康がコンセプトのカップ麺を食べてもらって、ファンの裾野を広げたい」という気持ちもありました。加えて言うと、弊社の社長も「自分のために必要なカップラーメン」としてひそかに考えていたことも大きなきっかけになりました。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.