日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > 極限まで油を減らした“常識外”の「サッポロ一番」開発秘話  > 3ページ
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

極限まで油を減らした“常識外”の「サッポロ一番」開発秘話

第2回 サンヨー食品 「サッポロ一番 グリーンプレミアム0」

 二村高史=フリーライター

ノンフライのブームが一段落

なるほど、ノンフライ麺というと、各社の宣伝などでよく見る「生めん風」という印象が強いですが、油で揚げていないから健康に気を使う人にとっては、いい選択肢になるわけですね。ここ数年続いたノンフライ麺のブームは、今はどうなっているのですか。

本郷さん 袋めん全体に対するノンフライ麺のシェアは、当初は20%ほどだったものが、一時は45%まで達しました。それが、現在では約30%に下がっています。

 もっとも、これは人気が落ちたのではなく、一時のブームが落ち着いたと私たちは見ています。今後は、現在並みの一定のシェアが維持されることになると考えています。ここが大きなポイントです。

 先ほども触れましたが、ノンフライ麺は当初、健康志向というより、おいしさで受けていました。実際、各メーカーもそういう打ち出しをしていました。しかし、おいしさだけを求めている人は、特定のブランドに執着することはありません。新製品が出ると、トレンドに乗ってどんどんと新商品に動いていってしまうからです。

 では、現在ノンフライ麺の購入層として残っている人はどういう人なのかというと、それこそ「健康に気を使っている人」でしょう。当初はトレンドで入ってきて食べ始めたわけですが、食べてみると「健康によさそうだ」ということに気付き、おいしさも相まって、その後も食べ続けているのです。

 逆に言えば、中高年になっても即席ラーメンを食べたいというニーズは確実にあるということです。そういう客層が確実にあることがわかったので、今度はそうした方々をターゲットにして健康をアピールしようと考えたわけです。

好きなラーメンを我慢していたけど、再び食べるようになった

そして昨年秋に、「グリーンプレミアム」を販売開始したわけですね。グリーンプレミアムに対するお客様の反応はどうでしたか?

「サッポロ一番 グリーンプレミアム0」の醤油ラーメン
[画像のクリックで拡大表示]

本郷さん 幸いなことに大きな評判を得て、お客様の反応もかなりいいものとなっています。昨年9月に醤油ラーメン、海鮮ラーメン、鴨だしうどんを発売した後、半年で約2500万食を出荷しました。シェアは当社の袋めん全体の3%近い売上を記録しています。

 当初の予想通り、「グリーンプレミアム」の購入者層は、50代以上が全体の6割、40代まで含めると8割を占めており、圧倒的に中高年寄りの商品となっています。お客様から寄せられる声も、そういう年代の方から、さっぱりした味が「おいしい」と評価されています。

 「好きなラーメンをこれまで我慢していたのだが、この製品をきっかけに、たまに食べるようになった」という声も多くありました。一方で、メインの「サッポロ一番」と同様の味と思って買われた方からは、「もっとこってりしたものが欲しい」という意見が寄せられることもあります。もともと、すべての方に受けようと狙った製品ではないので、これは想定内です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.