日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > 極限まで油を減らした“常識外”の「サッポロ一番」開発秘話  > 2ページ
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

極限まで油を減らした“常識外”の「サッポロ一番」開発秘話

第2回 サンヨー食品 「サッポロ一番 グリーンプレミアム0」

 二村高史=フリーライター

以前はサッポロ一番を食べていた人が、控えるようになった

サンヨー食品で「サッポロ一番 グリーンプレミアム0」の企画を担当した、マーケティング本部 マーケティング部 第一課 課長 本郷健太郎さん
[画像のクリックで拡大表示]

そもそもの話になりますが、「グリーンプレミアム」を開発した狙いはどこにあるのでしょうか。やはり、高齢化やミドル以上の健康志向の高まりを意識しているのでしょうか?

本郷さん はい。中高年齢層のお客様が求めている即席めんを考えた結果です。当社では、「サッポロ一番」のみそラーメン、塩らーめんという長年の定番商品があります。ところが、その購買層を調べてみると、世代別人口に占める購入率は40代がピークで、50~60代になると購入率も購入頻度も減っていることがわかりました。

 例えば、若いときは夜帰宅して小腹が空いていると「サッポロ一番」を食べていたのに、今ではカロリーが気になって食べなくなる。つまり、従来品だけではお客様をとりこぼすことが明らかになってきたのです。

 ところが、競合他社の商品では、50~60代にも買われている商品があります。それがノンフライ麺でした。理由は単純です。年をとると油っこいものは避けたいのですが、ラーメンを食べたいという気持ちはある。結果的に、ノンフライ麺が人気になったわけです。

編集部注:即席麺には、麺を油で揚げた「フライ麺」タイプと、油で揚げない「ノンフライ麺」タイプがある。2011年に東洋水産が生めんのもちもちした食感が楽しめるノンフライタイプの「マルちゃん正麺」を発売、大ヒット商品となった。その後、他社もノンフライタイプを商品化し、ノンフライ麺のシェアは急上昇した。ノンフライ麺は油で揚げていないためカロリーは低めになる。

 すでにカップ麺には、減塩、食物繊維入りといった健康志向の商品が出ていましたが、袋めんにはそうした動きはありませんでした。ノンフライ麺は油で揚げないためカロリーは低くなりますが、メーカー側としては“健康志向”を売りにしているわけではなく、あくまでも売りは“もちもちとした生めん風の食感”による「おいしさ」でした。

 そんな状況のなか、お客様はなるべく健康によさそうな袋めん──いわば健康志向食品の「代用品」として、ノンフライ麺を買っていたのだろうと分析したわけです。

 そこで中高年の方々に集まっていただき、ノンフライ麺を含めた即席ラーメンを食べて感想をうかがってみました。すると、ノンフライ麺が好まれるという傾向はあったものの、それでもまだ油っこいという意見も少なからず出てきたのです。

 それならば、「油がいらないという中高年の方向けに、徹底的に油を抜いて、しかも『おいしい!』と言ってもらえる袋めんを作ろうではないか」と考えたわけです。これが、開発のきっかけでした。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.