日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > 極限まで油を減らした“常識外”の「サッポロ一番」開発秘話
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

極限まで油を減らした“常識外”の「サッポロ一番」開発秘話

第2回 サンヨー食品 「サッポロ一番 グリーンプレミアム0」

 二村高史=フリーライター

 日本が生んだ世界的な発明品「即席ラーメン」。多くの人に親しまれている大ヒット商品に今、「健康志向」という新しい波が起きている。特集では各社の健康志向への取り組みを紹介していく(全体のトレンドは特集の第1回を参照)。

 最初に登場するのは、「サッポロ一番」でおなじみのサンヨー食品。昨年秋に「ノンオイルスープ、ノンフライ麺、コレステロール0(ゼロ)」の袋めん「サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ)」を発売。ラーメンの味の基本となる油を極限まで減らしたという"常識外"の商品だ。新たな設備投資をしてまで商品化したという同社の狙いと、油なしでおいしい商品に仕上げた開発秘話を、同社のマーケティング部 第一課 課長 本郷健太郎さんにうかがった。

2015年9月に発売したサンヨー食品の「サッポロ一番 グリーンプレミアム0」。ノンオイルスープ、ノンフライ麺、コレステロール0(ゼロ)をを実現した袋めん。醤油ラーメン、海鮮ラーメン、野菜だしラーメンの3種類に、季節商品の鴨だしうどん(冬季)がある。5個パックで販売している
[画像のクリックで拡大表示]

昨年秋に、サッポロ一番ブランドで「グリーンプレミアム0」を発売した際にはマスコミをはじめ、ネットなどでも話題になりました。私もそうですが、多くの人になじみのある「サッポロ一番」シリーズだけあって気になる人が多かったのでしょう。実際、スーパーなどの小売店の即席めんコーナーでよく目にします。

本郷さん 「サッポロ一番 グリーンプレミアム0(ゼロ)」(以下「グリーンプレミアム」)は、袋めんタイプでは珍しい“健康志向”をうたった商品です。ノンオイルスープ、ノンフライ麺、コレステロールゼロを実現しました。麺を油で揚げていないだけでなく、スープもオイルフリーというのは世界初です。昨年9月に、醤油ラーメン、海鮮ラーメンと、季節商品の鴨だしうどんを発売して、2016年4月から野菜だしラーメンをラインナップに加えました。

2015年2月に販売を開始した「サッポロ一番 大人のミニカップ 中華そば」
[画像のクリックで拡大表示]

 また、グリーンプレミアムが話題になったのでご存じない方もいらっしゃいますが、当社はカップ麺で塩分を30%カットした、減塩タイプの商品も商品化しています。「サッポロ一番 大人のミニカップ」(以下「大人のミニカップ」)シリーズです。内容量が少ないミニタイプで、2014年にきつねそば、きつねうどんを発売して、2015年2月にはラーメン( 中華そば)を追加しています。カップスープやはるさめなどのように、昼食などにもう1品追加したい方や、「飲んだあとにラーメンを食べたいけれども塩分やカロリーが心配」という方も気にせず食べていただける商品になっています。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.