日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > ロカボ、オイルフリー、減塩――大ヒット商品「即席ラーメン」に巻き起こる新たな波
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

ロカボ、オイルフリー、減塩――大ヒット商品「即席ラーメン」に巻き起こる新たな波

第1回 「体にいいけどおいしくない」を覆せ!―― 食品メーカーの挑戦

 二村高史=フリーライター

日本が生んだ世界的な発明品「即席ラーメン」。多くの人に親しまれている大ヒット商品に今、「健康志向」という新しい波が起きている。従来の「カラダにいいけどおいしくない」を覆す商品が続々と登場、これまでにない盛り上がりを見せている。そこで今回の特集では、各メーカーの最新の取り組みをレポートする。第1回となる今回は、これまでの歴史を振り返りつつ、最新のムーブメントを紹介する。

即席ラーメンに健康志向の波

日清食品が1971年に発売したカップヌードルの「オリジナル(しょうゆ)」。カップラーメンの歴史はここから始まった(写真は現行商品のもの)

 日本が生んだ世界的な発明品は数多くあるが、そのなかにあって即席ラーメンほど世界中で親しまれている商品は少ないだろう。今や、1年間に日本国内だけで55億食、世界全体では1000億食以上が消費されているという(2014年、袋めんとカップめんを合わせた数字、世界ラーメン協会推定)。

 そんな即席ラーメンの世界に、今、新しい波が起きているのをご存じだろうか。それが、「健康志向」の即席ラーメンだ。そう、カップラーメンを中心とした即席ラーメンのラインナップに、低糖質麺、オイルフリースープ、減塩、女性向けなど、健康に配慮していることをうたった新製品が続々と投入されている

各即席麺メーカーが、続々と「健康志向」の新商品を発売している
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした動きの背景にあるのは、ズバリ「高齢化社会の進行」だ。いうまでもなく高齢化とともに高まるのが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスク。ミドル以上の世代の健康志向は、これまでになく高まっている。少しでも体にいいものをと考えれば、中高年の世代が健康に配慮した食品を選ぶのは当然のことだ。

スーパーも「健康志向」重視の動き

 スーパーなどの小売店でも顧客の健康志向を受け、品揃えや棚の構成を工夫して、積極的に健康志向即席ラーメンを扱うところが出てきた。そんな小売店の一つが、関東地方南部を中心に展開するスーパー「いなげや」。いなげやは「上質なスタンダード」をコンセプトに、健康を意識した商品を積極的に扱っている。実際、東京・保谷町店を訪れると、即席ラーメンコーナーに専用コーナーが設けられ、健康志向商品がズラリと並んでいる。

いなげや東京・保谷町店の即席ラーメンコーナー。専用コーナーを設けて、健康志向の商品をまとめて陳列している

 同店の戸高慶之副店長は、「当店の顧客層は年齢が高めで健康意識が高い。これを意識して健康志向の即席めんコーナーを設けました。他社との競合も激しくなる中で、スーパーは他にない『プラスアルファ』を作っていく必要があります。現時点では、健康志向の即席めんは他では扱っていないケースが多いだけに、“違いを出せる”ポイントになると考えています」と話す。

 小売店側も、健康志向のムーブメントに対応しながら、その新商品を積極的に扱うことで他社と差別化を図ろうと考えているわけだ。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.