日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「即席ラーメン」の新たな挑戦  > ロカボ、オイルフリー、減塩――大ヒット商品「即席ラーメン」に巻き起こる新たな波  > 3ページ
印刷

「即席ラーメン」の新たな挑戦

ロカボ、オイルフリー、減塩――大ヒット商品「即席ラーメン」に巻き起こる新たな波

第1回 「体にいいけどおいしくない」を覆せ!―― 食品メーカーの挑戦

 二村高史=フリーライター

これまでも各社が挑戦してきたが…

 「折からの健康ブームとあいまって、健康志向の即席ラーメンの売り上げは大きく伸びているに違いない」──そう思う方も少なくないと思う。だが、現実はそう簡単ではない。

 「これまでも健康系の即席ラーメンを開発、販売してきましたが、市場にほとんど受け入れられませんでした。商品の中には、発売したものの、短期間で店頭から消えた商品も少なくありません」――あるメーカーの商品開発者はこう話す。

日清食品の特定保健用食品のカップ麺「サイリウムヌードル」シリーズ。オオバコ種皮から採れる天然の食物繊維「サイ リウム3」を麺に練り込んでいる。1 食で6.6~6.8gの食物繊維が摂取でき、「おなかの調子を整える」作用がある。1食当たり約160kcal と低カロリーで、塩分も「カップヌードル」に比べて30~40%低い。初代は1997年に発売。2013年9月にリニューアルした。

 実は健康志向の即席ラーメンは、各社が以前から商品開発を進めてきた分野だ。高齢化社会の進行とともに、健康志向が高まるだろうということは、各社とも当然想定済み。そこを狙った商品を開発してきたが、あまり消費が伸びなかったというのが実情だ。

 例えば、業界トップの日清食品の取り組みは早く、何と20年近く前の1997年からトクホ(特定保健用食品)のカップラーメンである「サイリウムヌードル」シリーズを販売している。これはサイリウムという植物由来の食物繊維を含むカップ麺で、おなかの調子を整える効果がある。カロリーは約160kcalと通常のカップヌードルの半分で、塩分も3~4割もカットしている。根強いファンがいるため20年近く継続販売しているが、現在の販路は通販が中心となっている。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.