日経Gooday TOP  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > 実売5万円近くする“超高級”美容ドライヤーの秘密

革新的「健康家電」ウォッチ

実売5万円近くする“超高級”美容ドライヤーの秘密

第6回 ダイソンの超高級ドライヤー「Dyson Supersonic」(後編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

今、“健康家電”が盛り上がりを見せている。日本の人口の高齢化は待ったなしで進んでおり、ミドル以上の健康志向もこれまでになく高まっている。そんな“健康意識層”に向けて、各社が競うように新製品を投入している。そこで本連載では、「健康」をテーマに最新の家電製品の魅力に迫る。今回は前回に引き続き、ダイソンの超高級ドライヤーを紹介する。「大風力」や「静音性」を実現したダイソンのテクノロジーに迫る。

モーターをハンドル部に内蔵することで重量バランスを工夫

DDM V9と一般的なドライヤーの搭載モーターを手に持って説明するダイソン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 前回、Dyson Supersonicの大きな特徴の1つである「風温」について詳しく紹介した。今回は、「大風力」や「静音性」などの特徴を実現しているダイソンのテクノロジーに迫る。Dyson Supersonicの肝となるのはやはり、掃除機や扇風機、ハンドドライヤーなどで培ったダイソンオリジナルのモーター技術だ。

 ジェームズ・ダイソン氏も、「Dyson Supersonicの技術のカギとなるのはハンドル部分に搭載している、今までにはなかった全く新しいモーターです。非常に小さくて回転速度が速いため、製品がとても軽量になりました」と話している。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
オックスフォード大学でのテストの模様

 ダイソン氏は「とても軽量」と話していたが、製品の重さ自体は約618gあり、500~600g前後のモデルが主流の国内製品に比べると決して軽い方ではない。旅行などに持っていくコンパクトタイプなら300g前後のモデルも少なくないくらいだ。しかし風量は最大で毎分約2.4m3と、多くのモデルが毎分1~1.5m3程度(毎分1.9m3、2.0m3といったモデルもある)の中で群を抜いている。

 実際に持ってみると、重さの割に取り回しがしやすいように感じられる。その秘密は重量バランスにある

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.