送風口付近に搭載したガラス球サーミスター(温度センサー)が毎秒約20回の頻度で温度を計測し、マイクロプロセッサーに送られる

記事に戻る