日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > 高温だと髪に穴があく!? 髪を傷めない“熱くない”ドライヤーとは  > 2ページ
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

高温だと髪に穴があく!? 髪を傷めない“熱くない”ドライヤーとは

第5回 ダイソンの超高級ドライヤー「Dyson Supersonic」(前編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

今、高級な美容ドライヤーが人気

 女性の中にはご存じの方もいらっしゃると思うが、この高級ドライヤーという分野はここ数年、高価格商品がヒットを飛ばしているという、とてもホットなジャンルになっている。

 例えば、リュミエリーナが発売する「ヘアビューザー」というドライヤーは、高いものは3万円を超える高額商品にもかかわらず、髪を傷めないということで一部で「魔法のドライヤー」などと呼ばれ、クチコミなどで評判になり人気商品となっている。また、パナソニックの高級ヘアドライヤー「ナノケアシリーズ」(9月発売予定の最新モデル「EC-CNA98」の実売価格は2万2000円程度)なども人気だ。

 このように、美容ドライヤーの注目が高まる中、掃除機に革命を起こしたダイソンが超高級ドライヤーを投入したわけだ。これまでの高級ヘアドライヤーを遥かに超える高額モデルにはどのような秘密が隠されているのか。今回、詳しく紹介していこう。

風の温度を抑えて髪へのダメージを軽減

 Dyson Supersonicの大きな特徴は4つある。1つめは温度を細かく制御して風温を抑えることで「髪を傷めないこと」、2つめは、独自開発のモーターにより「圧倒的な大風力」を実現したこと、3つめは重量バランスを工夫したことで「腕に負担をかけずに髪を乾かせること」、そして4つめは「音が静かなこと」だ。

 温度を抑える(温度を一定に保つ)機能として、Dyson Supersonicには「インテリジェント・ヒートコントロール」機能が搭載されている。これは次のようなものだ。送風口付近にガラス球サーミスター(温度センサー)を搭載し、毎秒約20回の頻度で温度を計測する。これを基にマイクロプロセッサーがヒーターの温度を制御し、一定の温度に保つというもの。

 本体背面に操作ボタンを配置しており、風温と風速の設定が可能。風温は4段階(温風3段階+送風)で、「速乾/スタイリング」が約78℃、「標準」が約62℃、「低温/スカルプモード」が約45℃。風速は「スピード乾燥」「レギュラー乾燥」「スタイリング」の3段階が選べる。ボタンを押したときだけヒーターを使わずに送風する「コールドショット」機能も備えている。

送風口付近に搭載したガラス球サーミスター(温度センサー)が毎秒約20回の頻度で温度を計測し、マイクロプロセッサーに送られる
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に使ってみると、温度が抑えられていることはすぐに体感できる。「速乾/スタイリング」は約78℃なので、手に当ててみると十分に熱いのだが、100℃を超える他社のドライヤーに比べると熱すぎない。

 ヘアードライヤーはイヤなニオイがすることが多いが、それも感じられなかった。というのも、ドライヤーのイヤなニオイは空気中のホコリが燃えて発するもののため、ホコリが燃えない温度なら発生することはない。これは同社のファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool」などにも採用している特徴となっている。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.