日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > カンタン・効率的におなかを引き締め! ターゲットは女性だったが実は男性も多かった  > 4ページ目
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

カンタン・効率的におなかを引き締め! ターゲットは女性だったが実は男性も多かった

第4回 パナソニック 「ビューティトレーニング」(後編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

スマホと連携するモデルなどにも期待

 筆者も実際に体験してみたが、使い方がとてもシンプルで分かりやすく、迷わず使えると感じた。ただし一度モードを選んでスタートすると、一時停止しない限り強さを変えられないことに不満を感じた。誤操作しなくて済むというのは魅力かもしれないし、一度慣れれば問題はないのだが、自分に合った強さを試行錯誤する中では少し面倒に思えた。

 もう1つ、ランニングとウォーキング、ツイストと3つのモードを選ぶのではなく、自動モードもあってもいいのではないかと感じた。自分がランニングをするのかウォーキングをするのか、動かずにツイスト運動をするのかはユーザーにとっては明確なので特に問題はないが、自動的に動きをセンシングして的確に電気を流してくれれば、もっと簡単に使えるように思えた。

 3つめの要望としては、やはり「スマホ連動」みたいな機能が欲しいように思える。筆者はブレスレット型の活動量計を24時間365日装着しており、1日にどのくらい動いたのか歩いたのか、何時頃から何時頃まで寝たのかがスマホで把握できるようになっている。それ以外の運動はあまりしていないので「達成感」というよりも単なる「見える化」にとどまっている。しかしビューティトレーニングのように積極的に運動しようとなると、「今日はどのくらい運動した」という達成感が次のモチベーションにもつながるのではないだろうか。

ターゲットは女性だったが、実際には男性も多い

 しかし、元々ビューティトレーニングが運動習慣のある女性をターゲットに開発されたこともあり、割とシンプルなコンセプトにしたのだと筏井氏は語る。

 「女性の特性なのかもしれませんが、機能がたくさんあるよりも、目的に合わせてできるだけシンプルで分かりやすいものが求められる傾向があります。今までの生活に何か一つ面倒なことを加えなければならないので、わざわざ買って使い続けられるかどうかというのが購入時の心理として働くのです。できるだけシンプルで、使い続けられるねと理解してもらうことが重要なのです」

 同じ部門で開発している美顔器なども、あれもこれもと多くの機能を盛り込むというより、目的別にシンプルなモデルをいくつもラインアップしているという。男性は欲張りで“全部入りモデル”を求めがちだが、女性はもっとシンプルなものを求めているということのようだ。

 「スマホで分析して見える化するといったものもアイデアとしてはありましたが、逆に難しすぎて使えないと思われたら困るため搭載しませんでした。しかし最初はシンプルなのがいいのですが、こんなことしたい、あんなことしたい、自分自身を管理してほしいという欲求は出てくると思いますので、個人対応などといったように進化する必要もあるかと思います」

 最初のターゲットは運動習慣のある女性だったが、実際には男性も多く、日常生活の中で取り組んでいる人も多いことが分かった。逆に言うと製品コンセプトを広げることで、まだまだリーチしていないユーザー層にも広げられる可能性があるということだ。

 幅広いユーザーをターゲットにした製品ではないが、売れ行きは当初の予想を上回っているとのこと。今後の“進化”にも期待したい。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.