日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > カンタン・効率的におなかを引き締め! ターゲットは女性だったが実は男性も多かった  > 2ページ目
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

カンタン・効率的におなかを引き締め! ターゲットは女性だったが実は男性も多かった

第4回 パナソニック 「ビューティトレーニング」(後編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

苦労した4つのポイント

 特に苦労したのは、「ハイブリッドトレーニングの確立」「高出力と低刺激の両立」「体の動きを検知するモーションセンサーの技術開発」「良好な装着性の実現」という4つのポイントだったと筏井氏は語る。

 順を追って説明していこう。最も困難だったのは、ハイブリッドトレーニングを効率的に行うための条件の確立だったという。

 「自力運動に電気信号を組み合わせて筋肉を刺激するためには、どういった条件がいいのかを模索しました。どのようなタイミングで電気刺激を与えればいいのか。具体的には電気信号の周波数や投入するエネルギーの大きさをどの程度にするべきなのか。走っているときに骨盤はどのように動いているのかなど、さまざまな項目において研究を進めました。シミュレーションやモニタリング調査を進めながら、ハイブリッドトレーニングを効率的に行うためには、どういった条件が必要なのかを確立するのがとても困難でした」

 2つめとして筏井氏が挙げたのが「高出力と低刺激の両立」だった。

 「筋肉を鍛えるためには、強いエネルギーを鍛えたい筋肉に与える必要がありますが、入力の波形をどうするかで非常に苦労しました」(筏井氏)

 いったいどういうことなのだろうか。

 「筋肉を効率的に鍛えるためには、たくさんのエネルギーを入れなければなりません。しかし電圧を高めると投入エネルギーが大きくなる半面、ぴりぴりしたイヤな刺激が強くなってしまいます。お客様が不快な思いをせずに使っていただくためには、ピリピリする刺激を抑えた商品を出さなければなりません。そこで採用したのが、『低周波のタイミングで中周波をたくさんかける』ということでした」(筏井氏)

刺激を抑えながら、おなかに効果的なエネルギーを

 専門的で分かりにくくなってきたが、こういうことだ。

 筋肉を効率的に収縮させるためには、電気刺激の周波数が高すぎても低すぎてもいけないという。そこで導き出されたのが「40Hz」の低周波、つまり40分の1秒に1回の周期で電気信号を送り出すというものだった。

 その周波数のままでより強く筋肉を収縮させようとすると、電圧を上げる必要があるのだが、それでは電気刺激が強くて不快感が増してしまう。そこで導き出したのが、より高い周波数の電気信号をまとめて送り出し、電圧を抑えたままでエネルギーだけをアップするというものだった。

ビューティトレーニングの電気刺激のイメージ(パナソニックの製品情報ページより)

 40分の1秒ごとに1回だけなわとびを飛ぶのに比べて、40分の1秒ごとに3重飛びを1回すれば、効果は単純に3倍になる。そんなイメージだと分かりやすいだろうか。

 「これによって、刺激を抑えながら効果的なエネルギーをおなかに与えられるようになりました。エネルギーが大きくなるため、バッテリーを内蔵するコントローラーは大きくなりましたが、お客様が負担なく使えるように構造上で工夫しました」(筏井氏)

 ビューティトレーニングは約1時間の充電で約3回(1回あたり約30分)の使用が可能。コントローラー部は確かに決して小さくはないが、腰の後ろに収納して邪魔にならずに使えるようになっている。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.