日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > カンタン・効率的におなかを引き締め! ターゲットは女性だったが実は男性も多かった
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

カンタン・効率的におなかを引き締め! ターゲットは女性だったが実は男性も多かった

第4回 パナソニック 「ビューティトレーニング」(後編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

 今、“健康家電”が盛り上がりを見せている。日本の人口の高齢化は待ったなしで進んでおり、ミドル以上の健康志向もこれまでになく高まっている。そんな“健康意識層”に向けて、各社が競うように新製品を投入している。本連載では、「健康」をテーマに最新の家電製品の魅力を紹介していく。
 今回は、前回に引き続きパナソニックの「ビューティトレーニング」を紹介する。“ランニング・ジョギング時に効果的に筋力トレができるというこの製品の秘密に迫る。

 前編では、「ビューティトレーニング」のコンセプトや仕組みについて紹介した。筋肉にパルス(電気信号)を送って収縮させることで筋力強化を図る「EMS(Electrical Muscle Stimulation)」と運動を組み合わせた「ハイブリッドトレーニング」を実現しているのがポイントだ。今回はビューティトレーニングの詳しい開発経緯や技術的に工夫したポイントについて紹介していきたい。

「おなか周りを引き締めたい」という女性の約4割に運動習慣

 今回はビューティトレーニングの技術開発に携わったパナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 ビューティ・アイロン商品部 エステ・レディ技術開発課の筏井和康氏に話を聞いた。

パナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 ビューティ・アイロン商品部 エステ・レディ技術開発課の筏井和康氏

 ビューティトレーニングを開発した狙いについて、筏井氏は次のように語る。

 「我々は『Panasonic Beauty(パナソニック・ビューティー)』というブランドの下、忙しいけれども美しくありたいという女性の方々をターゲットにしたさまざまな美容器具の技術開発に取り組んでいます。その一つとして近年、体の悩みを解決したい……特におなか周りを引き締めたいという女性が多くなっていることに着目しました。そのうちの約4割の方に運動習慣があるというデータを基に、効率的におなか周りを引き締めるための技術開発を進めました」

 ビューティトレーニングは、久留米大学医学部の志波直人主任教授を中心とした研究グループが研究を進めてきた「人間の動作」と「電気刺激による筋肉の収縮」を同時に行う「ハイブリッドトレーニング」を実現する機器だ。この製品の開発に当たって、久留米大学の研究チームと共同開発を進めたという。

パナソニックが2015年8月に発売した「ひざトレーナー」(希望小売価格14万8000円・税抜き)

 技術開発を進める際には、会社内だけでなく大学機関などの外部機関とコンタクトを取りながら開発することも多くあると話す筏井氏。元々ビューティトレーニングの開発からスタートしたのではなく、実はひざ周りの筋肉を鍛えることで高齢者の「健康寿命」を延ばすことを目的とした「ひざトレーナー」(2015年8月発売、希望小売価格14万8000円・税抜き)の開発に端を発しているという。

 「高齢者の方にはひざを患っている方が多く、その悩みを解決するために当社の健康機器部門が開発を進めていました。一方、久留米大学でも同じような目的で新しい運動理論の開発に取り組まれており、運動理論を具現化して検証するための装置を作ってほしいという依頼が来ました。そこで装置をパナソニックが開発しながら、運動理論の開発を久留米大学が推進する形で産学連携による開発が2000年ごろにスタートしたのです」(筏井氏)

「ひざトレーナー」から15年がかり

ひざトレーナーの装着イメージ

 一方、ビューティトレーニングを開発する美容部門では、2012年ごろに「おなかを引き締めたい」という悩みを解決する技術を模索していた。

 「健康部門と相談したところ、こういったいいギプスがあるという話をもらいました。目的は違いますが、アプローチは非常に似通っています。そこで久留米大学に相談し、一緒に開発することになったのです。健康部門は2000年から15年までかけて『ひざトレーナー』を、我々は12年から15年までにかけて『ビューティトレーニング』を開発しました。ほぼ同じタイミングで、目的は違いますが同じような技術を用いた2つの製品を出すことになりました」(筏井氏)

 自力運動だけでなく、鍛えたい筋肉に電気振動を与えて負荷を高めることで、より効率的な運動ができるというハイブリッドトレーニング理論の実証に向けて共同開発がスタートした。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.