日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > ジョギングしながら自動で筋トレ! これぞ現代の大リーグボール養成ギプス?
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

ジョギングしながら自動で筋トレ! これぞ現代の大リーグボール養成ギプス?

第3回 パナソニック 「ビューティトレーニング」(前編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

 今、“健康家電”が盛り上がりを見せている。日本の人口の高齢化は待ったなしで進んでおり、ミドル以上の健康志向もこれまでになく高まっている。そんな“健康意識層”に向けて、各社が競うように新製品を投入している。本連載では、「健康」をテーマに最新の家電製品の魅力に迫る。
 今回は、“ランニング・ジョギング時に効果的に筋力トレーニングができる”というパナソニックの「ビューティトレーニング」を紹介する。

 「ランニングブーム」などと呼ばれて久しい。2007年には東京マラソンが、11年には大阪マラソンがスタート。15年にはそれまでハーフマラソンだった横浜マラソンがフルマラソン化するなど、市民ランナーの目標の一つとなる大きなマラソン大会が数多く登場している。笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」によると、ジョギング・ランニング実践する人の比率は2002年以降、ほぼ右肩上がりで推移しており、2014年のランナー人口は約986万人と推計されている。

ジョギング・ランニング人口は右肩上がり
ジョギング・ランニングの年1回以上の実施率の推移(笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2014))より
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした状況を背景に、モチベーションを維持・向上させながらランニングやジョギング、ウォーキングを楽しむための家電製品やデジタルグッズが登場している。例えば、手首に巻いて活動量(歩数や歩行距離、消費カロリーなど)や睡眠状況などを計測してくれるリストバンドタイプの「活動量計」や、GPSで位置情報を計測しながら、ランニングのトレーニングを行える機器などが登場している。

ジョギングしながら、EMSで筋トレも!

 今回紹介するパナソニックの「ビューティトレーニング」は、ランニング・ジョギング時に効果的に筋力トレーニングができるという製品だ。筋肉にパルス(電気信号)を送って収縮させることで筋力強化を図る「EMS(Electrical Muscle Stimulation)」を用いたものだが、一般的なEMS機器に比べてより高い効果を発揮できるという。

パナソニックが2015年9月に発売した「ビューティトレーニング ES-WB60」(実勢価格2万6750円/税込み、7月上旬時点)
[画像のクリックで拡大表示]

 EMS機器というと、ある程度の年齢以上の人の場合は、テレビ通販などでよく登場する機器を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。お腹などに巻いて電源を入れれば、腹筋が鍛えられ、ウエストが引き締まるというものだ。筆者は特に2000年前後に流行したように記憶しており、実際に筆者も購入して使っていたことがある。現在まで続くロングセラーになっているものの、「EMS機器はどのくらい効果があるのかよくわからない」というイメージを持っている人も少なからずいるのではないかと思う。

 念のため補足するが、EMS機器はおなか周りの引き締めやダイエットに役立たないわけではない。きちんと使いこなせば効果は期待できる。しかし、「手軽にダイエットできる」と考えてEMS機器に飛びついた人の多くが三日坊主で続かなかったこともあり、目に見える効果を得られなかった人がいたのではないかと筆者は推測する。

 そんなEMS機器を、家電の雄であるパナソニックが発売したのは昨年9月のこと。なぜパナソニックがEMSを?と不思議に思った人もいるかもしれない。このビューティトレーニングはどのようなコンセプトから誕生したのか。従来のEMSとは何が違うのか。どのような仕組みで筋力強化を図るのかについて迫っていきたい。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.