日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > ジョギングしながら自動で筋トレ! これぞ現代の大リーグボール養成ギプス?  > 2ページ目
印刷

革新的「健康家電」ウォッチ

ジョギングしながら自動で筋トレ! これぞ現代の大リーグボール養成ギプス?

第3回 パナソニック 「ビューティトレーニング」(前編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

運動とEMSを組み合わせた「ハイブリッドトレーニング」

 パナソニックの「ビューティトレーニング ES-WB60」(実勢価格2万6750円/税込み)は、有酸素運動をしながらEMS機器で筋肉に電気刺激を与える「ハイブリッドトレーニング」を手軽に行える機器だ。

 ハイブリッドトレーニングというのはセンサーによって体の動きを検知し、筋肉に動作の逆の抵抗となる電気刺激をかけることで、単純に運動するだけよりもずっと効率的に筋肉を引き締められるというもの。筋肉が伸びている状態のときに電気刺激で収縮させることで、通常時よりもさらに筋肉に負荷をかけられるというわけだ。単純なEMS機器の場合は、センサーの動きを察知した動きはしないので、ビューティトレーニングの方がより高い効果が期待できる。

 ビューティトレーニングは久留米大学医学部・志波直人教授のチームとパナソニックが共同で開発した。志波直人教授のチームとJAXA(宇宙航空研究開発機構)が行った長期実験によると、装置を装着しなかった場合に比べて装着した場合の方が肘屈伸運動において高い効果が見られたというデータが出ている。

 ビューティトレーニングを製品化した狙いについて、製品企画を担当したパナソニック コンシューマーマーケティングジャパン本部 スモールアプライアンス商品化 ビューティ・ヘルスケア商品課 主務 岡橋藍氏は次のように語る。

製品企画を担当したパナソニック コンシューマーマーケティングジャパン本部 スモールアプライアンス商品化 ビューティ・ヘルスケア商品課 主務 岡橋藍氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「消費者の間で健康的なボディーラインを作る意識が高まっていることに着目しました。筋トレと有酸素運動を両方すると効率的に引き締められるのですが、忙しくてなかなかできないという人も多いと思います。特に女性の場合、皇居周りなどを走るのはいいのですが、筋トレは苦痛という人が少なくありません。そこで筋トレと有酸素運動をそれぞれ行うのではなく、有酸素運動しながら筋トレを勝手にしてくれることで引き締めようというのがビューティトレーニングの狙いです」

筋肉の伸びる部分を検知して電気刺激で引き締める

 ビューティトレーニングはバッテリーを内蔵するコントローラーユニットと、体の動きを計測するボディモーションセンサー、おなか周りの筋肉に電気刺激を与える電極コードパッドとサポーターという構成になっている。サポーターはおなか周りに合わせてS、M、Lの3サイズを用意しており、Sはウエスト55~67cm(おへそ周りサイズは59~71cm)、Mは64~81cm(同68~85cm)、Lは79~93cm(同83~97cm)に対応する。

ビューティトレーニングの装着イメージ

 現在はLサイズでおなか周りのサイズが足りない人向けに、サポーター用延長ベルトプレゼントキャンペーンも行っている(2017年3月31日購入分まで、応募期間は2017年4月7日23時59分まで)。

 装着は難しくない。サポーターに電極コードパッドを装着し、サポーターの中央にある目印をおへそに合わせておなか周りに巻く。ボディモーションセンサーを体側(体の側面中央部)に取り付ければ装着完了だ。

 ハイブリッドトレーニングモードは「ランニング」と「ウォーキング」、「ツイスト」の3つを用意しており、ボディモーションセンサーを用いずに通常のEMS機器として利用する「センサーオフ」モードの4つを用意している。

 ランニングとウォーキング、ツイスト運動で動きが異なるため、これらのモードを選んでスタートし、強さを1から50までの段階で調整する。ボディモーションセンサーが検知するのは「ひねり」の動きだ。

 「歩いたり走ったりすると生じる体のひねりを検出します。体をひねるときに伸びる筋肉に向けて、電気刺激で縮めるような力を加えます。運動を続けるとそれに逆らうように筋肉を動かそうとするので、(マンガ『巨人の星』に登場する)『大リーグボール養成ギプス』みたいな感じになります。より負荷をかけられている中で運動するため、より筋トレ効果がアップするという仕組みです」(岡橋氏)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.