日経Gooday TOP  > からだケア  > 革新的「健康家電」ウォッチ  > ボタンを押したら“放っておける”革新的な鍋の秘密  > 5ページ目

革新的「健康家電」ウォッチ

ボタンを押したら“放っておける”革新的な鍋の秘密

第2回 シャープ 「ヘルシオ ホットクック」(後編)

 安蔵 靖志=家電ジャーナリスト

感動の「さんまの骨まで柔らか煮」

「さんまの骨まで柔らか煮」は見事な出来上がり。骨までしっかりとホロホロになりつつ、ほとんど煮崩れしていない

 筆者が最も感動したのは、「さんまの骨まで柔らか煮」だった。こちらもかれいの煮付けと同様にまぜ技ユニットは使用しない。さんま4尾(約600g)に対して調味液の水分はお酒100ml、みりん 大さじ3、お酢 大さじ2、しょう油大さじ1程度。実際にさんまを並べてみると、ひたひたとまではいかないものの、さんまの半分くらいは調味液に浸かるような感じになる。まぜ技ユニットを使わないので、このくらいは必要なのだろう。

 このメニューはセットして約2時間半待つ必要があるが、こちらも他のメニューと同様、とても優しい味に仕上がっていた。「骨まで柔らか煮」というだけあって、骨までしっかりとホロホロに仕上がりつつ、ほとんど煮崩れしていない。ビールのつまみにはほんのちょっとだけ味が薄いかなと思ったが、ご飯のおかずとしては最高だった。カルシウムをしっかり取りたい人にはベストなメニューの一つではないかと感じた。

予約調理で、「放っておく調理」ができる

 ヘルシオ ホットクックの魅力は、予約調理ができる点にもある。

 炊飯器などでは「予約炊飯」は当たり前だが、炊飯器でも「炊き込みご飯」は予約炊飯できない。それは食材が腐ってしまう可能性があるためだ。ホットクックは生肉や生野菜、調味液などをセットするだけなのに、なぜ予約調理ができるのか。

 「最初に熱を通して食材が傷まないようにしながら、食材が腐りやすい40℃近くの温度帯にならないようにじんわり加熱をします。そのため、おでんなどは味がよくしみますし、カレーも前の日に作ったカレーみたいな仕上がりになります」(中島氏)

 40℃前後の温度帯は食品が腐りやすいため、予約スタート後すぐに食材全体に火を通してしまう。しかしその温度をキープすると火が通り過ぎてしまうため、40℃前後にまで下がらないように温度をキープしつつ、予約時刻に仕上がるように調節するというわけだ。

 先ほど紹介した「さんまの骨まで柔らか煮」などは調理に2時間半ほどかかるため、夜寝る前にセットしておけば、朝イチでアツアツに仕上がる。出かける前にセットしておけば、味がしっかりとなじんだカレーを帰宅後すぐに味わえる。「栄養素を損なわない」という無水調理ができるだけでなく、まさに「放っておく調理」ができるというのは大きな魅力だろう。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.